0歳の【麦茶】はいつから良いの?疑問を徹底分析!!

スポンサーリンク

初めまして。私は現在、生後7月になる男の子の育児に奮闘している20代男性です。まず初めに、0歳の子に麦茶はあげても良いようですね。ただ「大人が飲んでいる麦茶をそのままコップに移してあげる」というわけではありません。稀に麦茶でもアレルギー反応を起こすこともあります。

0歳の赤ちゃんというのはそれくらいとても敏感なため、注意すべきことや最低限の知識が必要になってきます。この記事では0歳の子に麦茶をあげる際の量や作り方について徹底分析しました!初めてのお子さんだと、何もかもが不安になってしまう。それが育児だと思います。

 

私もそうでした。初めて麦茶をあげる時なんか調べてみて大丈夫だと書いてあっても不安でした(笑)私と同じように不安に思う方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

0歳の麦茶をあげる時期はいつから?

0歳といっても0ヶ月~11ヶ月まであります。麦茶をあげ始めてもいい時期は、ちょうど離乳食をあげ始めるタイミングと同じ5か月~6ヶ月頃が目安だと言われています。初めて飲ませてあげる際にスプーン一杯分をあげてみてアレルギー反応を確認しましょう。

 

飲ませてあげるタイミングは、入浴後やお散歩後など、夏場は特に汗をかいた後に飲ませてあげると赤ちゃんも喜んで飲んでくれますし、熱中症予防にもなります。赤ちゃんは素直なので飲みたくないときは、まったく見向きもしてくれません(笑)

 

飲ませてあげる容器は専用のストロー式のものを使っても構わないですし、ミルク用の哺乳瓶を使っても良いです。私は比較的に哺乳瓶のほうがいつも飲み慣れているからかゴクゴク飲んでくれました。

 

 

 

 

麦茶をあげる際の量ってどのくらい?

赤ちゃんが汗をかいたり水分を欲しているときであれば10ml~30mlくらいを目安にあげてみてください。飲ませてあげる量はそこまで決まりというものはないので、飲みたがっているときには飲ませてあげるのが良いです。1日に何回か麦茶をあげようとして試してみてください。

 

基本的に赤ちゃんの麦茶はその日限りです。日中暑くなく麦茶が残ってしまっても、一度容器は洗い翌日の麦茶は新しいものに変えてあげてください。1日置いておくだけで菌が発生する可能性があるためです。

 

赤ちゃんの体では1日に100mlの水分が必要だと言われています。100mlとなるとミルクで補えている分ですので、麦茶は無理にあげる必要はないですし、欲しがらなくても心配する必要はありません。

 

 

 

0歳用、麦茶の作り方!

1.麦茶のパックを準備する
2.適量のお湯を沸かす(水出しではなく、煮出すのが基本です、衛生的に)
3.沸騰したらパックを入れる 3分~5分程度
4.パックを捨て、熱をとる(人肌くらいの温度が適正)

以上が作り方の手順になります。

 

麦茶用パック以外にもすでに作られている紙パックのものなどもある為、忙しいときはそちらも有効的だと思います。私自身も紙パックのものを容器に移して使っています・・・。麦茶は赤ちゃん用も大人用もノンカフェインで成分は同じです。

 

なので大人用の麦茶をあげることも可能ですが、大人用をそのままあげるのは濃すぎるので「4倍」程度を目安に薄めて飲ませてあげましょう。

 

 

 

0歳の麦茶はいつから良いの?【まとめ】

0歳の子でも生後5ヶ月~6ヶ月程度で麦茶を飲ませ始めてもいいという事がわかりました。初めてのことで不安いっぱいの方でも、簡単に作れる手順ですのでぜひこの記事を参考に麦茶を飲ませてあげてみてください。きっとお子さんも初めての味に喜びと驚きを隠せないでしょうね!

 

お子さんが初めてのことは、ママさんも初めてだと思うので不安でいっぱいだとは思いますが、記事の本文中にもあった注意点と最低限の知識さえ押さえておけば何も問題ありません!お子さんと一緒に、成長していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました