1歳でも【市販のパン】は安心して食べられる?おすすめはコレ!

スポンサーリンク

子供がまだ小さいと食べるものにも気を遣いますよね?特に1歳くらいだとこれは食べさせても大丈夫かなといろいろ気になると思います。この時期は子供が食べるものも偏りがあることが多いので余計に悩む方が多いのではないのでしょうか。

あまり食べるものがない中で結構子供が好んで食べてくれるのがパンです。それだけで主食になりますし、噛みやすく手づかみ食べもできるので子供にとっても食べやすいというメリットがあります。でも1歳の子供に市販のパンを食べさせても良いか気になる親御さんも多いと思います。

 

 

基本的には卵、牛乳、小麦などのアレルギーがなければ1歳の子供に市販のパンを食べさせても大丈夫です。

ただ1歳の子供に市販のパンを食べさせるときにはアレルギーの他にも気をつけてほしいことがあります。パンの袋の後ろにある原材料などを見て少しでも安心して食べさせられるものを探してみることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

1歳の子にどんなパンを選べばいい?市販のパンを買うときにはここを見よう!

パンといっても食パンから菓子パンまで様々な種類があります。そして同じ種類のパンでも産地や材料は様々です。子供の安心を考えるなら信頼できるパン屋さんで無添加のパンを買うのが一番ですが、無添加のパンはスーパーなどではなかなか見つからないのが現状です。

でもどうせ食べさせるなら少しでも安心できるものを食べさせたいですよね?

市販のパンを買う時には原材料のここを見ましょう!

 

 

 

パンを買うときに見るポイント

1.材料の数

2.材料の種類

3.小麦が国産であるか

できるだけ少ない材料で作られているか

まずパンの原材料のところに記載されている材料の数を見ましょう。数が多いほど添加物が使われている可能性は高くなります。

 

 

 

臭素酸カリウム、乳化剤、イーストフードは使われていないか?

臭素酸カリウム、乳化剤、イーストフードはいわゆる食品添加物です。あまり聞きなれない言葉、つまり普段食べるものとして聞いたことのない言葉があれば添加物ではと疑ってみるのが無難です。

 

 

国産のパンを選ぼう!

パンを作るときに必ず使われる小麦。この小麦が国産であるとポストハーベストという農薬が使われていることはまずありません。なぜなら日本ではこのポストハーベストは禁止されているからです。

なかなか小麦の産地まで記載されているパンは少ないと思いますが、書かれている商品もあるので、使われている小麦が国産かどうかチェックしてみましょう。

 

 

市販のパンなら、パスコの食パン、「超熟 国産小麦」がおすすめ!

なかなかパンで添加物が少なくさらに国産のものを探すと見つからないのですが、パスコの「超絶 国産小麦」は材料がわりかしシンプルで国産の小麦を100%!使っているので安心して食べさせることができます。

 

「超絶 国産小麦」の材料:

小麦粉(国内製造)、砂糖、バター、パン酵母、米粉、発酵種、食塩、醸造酢、(一部に小麦・乳成分を含む)

 

 

 

安心を求めるなら買う場所にもこだわってみては?

安心なスーパーとしてよく耳にするのが「コープ」(生協)です。安心を追求するなら地域によっては「コープ自然派」や「グリーンコープ」の宅配を利用して国産無添加のパンを頼むこともできますが、全国にはありません。

しかしコープなら全国にあり比較的安心な材料で使われたパンを購入することができます

我が家は以前「コープ自然派」で無添加のパンを購入していましたが、味も美味しく週に2回定期的に届けてくれるのでとても楽でした。なにより国産無添加なのが安心ですよね。

でも今は引っ越しして対象外地域になってしまったので少し遠いですがコープのパンを時々は利用しています。子供は材料にこだわらずパンであればなんでも食べてくれそうな感じですが、健康を考えるとパンを少しでも安心できるお店で買うことが大切ではないかと思います。

 

安心を考えるなら簡単に作れるパンもある!

国産小麦や国産のホットケーキミックスでパンを手作りするのも安心です。
少ない材料で簡単に蒸しパンや菓子パンが作れます。

 

〈簡単蒸しパンの作り方〉

材料:

小麦粉100g

牛乳または豆乳100cc

ドライイースト3g

作り方:

材料を混ぜてさとうやきなこ、切ったカボチャなどを入れマグカップや深めのお皿、市販のカップ(100均やスーパーのお菓子作りコーナーにある紙でできたカップがおすすめ)に入れ電子レンジ600wで3分チンするだけ。

 

〈簡単菓子パンの作り方〉

材料:

ホットケーキミックス100g

卵2個

オリーブオイル大さじ1

さとう大さじ1

作り方:

材料を混ぜて切ったバナナやりんご、すりおろした人参などを入れてマグカップや深めのお皿、カップに入れてオーブン180度で25分焼くだけ。

 

混ぜて焼くだけなので、簡単ですし安心して食べることができます。食べさせるときにはカップから出して切ってあげると食べやすいです。

 

 

1歳でも【市販のパン】は安心して食べられる?【まとめ】

1歳の子供にパンを与えるときのポイントはできるだけ材料がシンプルで添加物が少ないものを選ぶこと!可能であれば国産の小麦を使用したものを選ぶこと!ちょっとしたことですが、少しの心がけで1歳の子供にも安心して市販のパンを食べさせることができます。まれにパンが食べられない小麦などのアレルギーの子供もいるので他の食品もですが始めて与えるときには朝や昼、病院が空いている日時で少量ずつ与えてあげるようにしてくださいね!

 

そして、パンに限らず子供に食べさせるものを買うときには、少し意識して材料や産地を確認するくせを作るようにしましょう。些細な事かもしれませんがそんな小さな積み重ねが子供の健康に繋がりますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました