赤ちゃん本舗で【母子手帳ケース】は買える?オススメの母子手帳ケースも!

スポンサーリンク

妊娠がわかり、役所に行くともらえる「母子健康手帳」、もらった時はとても嬉しい気持ちになるものです。でも母子手帳は小学校、中学校に行っても必要になるもので、できれば綺麗に使い続けたいですよね。

最近は母子手帳ケースというものがあるので、出産準備に便利なお店、赤ちゃん本舗で赤ちゃんのお世話グッズと一緒に買える母子手帳ケースを紹介します!

 

 

スポンサーリンク

そもそも母子手帳ケースはいるのか?

自治体から母子手帳をもらった時はカバーもついていて綺麗な状態です。産前ってあまりバタバタすることはないと思うので、母子手帳がぐちゃぐちゃになるなんて思えないのですが、

子供が生まれると、母子手帳と一緒にしておきたいものも増えるし予防接種などに行った時には急いで扱うのでそのままだとバックの中でぐちゃぐちゃになっていたりします。

 

私の体験談だと、私の産院では産院オリジナルの母子手帳カバーをつけてくれて、病院ではそれを必ずつけることになっていたので、ケースは買っていませんでした。そしたら子供の乳児医療証や、小児科の診察券などが増えて、すぐに収納が足りなくなりました。子供が一歳になった時には母子手帳もなんかヨレヨレ、、、ということになっていました。

 

母子手帳ケースはただのオシャレママたちのオシャレグッズだと思っていましたが、実用的なものなのです。また、子供が成人した時に可愛い母子手帳ケースに入れて子供に渡すのなんかもいいですよね。

必需品なので妊娠した友人などへのプレゼントなどにも最適です。

 

 

母子手帳ケースのタイプ、選び方

母子手帳ケースのタイプは一般的に2タイプあります。

「ブックタイプ」と「じゃばらタイプ」です。「ブックタイプ」はチャックで閉めるものが多くて、カード入れがたくさんついているようなものが多いです。「じゃばらタイプ」は長財布のお札入れのような仕切りがたくさんあるようなものが多く、ボタンやマグネットでとめられるタイプが多いです。

 

お財布の好みが人それぞれのように、母子手帳ケースの好みも人それぞれです。どちらのタイプもたくさん入って使い勝手はいいと思います。ただし自治体によって、母子手帳自体のサイズが違うので、サイズには少し気をつけて選びましょう。母子手帳ケースに何を入れておきたいか、によっても選び方は変わってきます。

・母子手帳
・補助券
・病院の領収証
・産院でもらう検査結果
・お守り
・印鑑
・病院や保育施設の案内
・診察券
・乳児医療証
・保険証

など入れたいものは色々。領収証など大きめの紙類も入れたい人はじゃばらタイプがオススメです。保険証や診察券などすぐ出す必要のあるものだけ入れる人はブックタイプにスッキリとしまえると思います。

 

 

赤ちゃん本舗の母子手帳ケース!人気は?

赤ちゃん本舗で扱っている母子手帳ケースはじゃばらタイプが圧倒的に多いです。

人気商品は「犬印本舗 ママと考えた母子手帳ケース」2,700円(税込 2,970円)で、赤と青の2種類から選べて、小花柄が可愛いです。「犬印本舗」はママやマタニティの方の強い見方で、高品質の商品が多いです。商品名も明らかに便利そうですね。

 

特徴としては、仕切りが多い、仕切りの中にまたカードがたくさん種運用できるように分かれている、外は柔らかな触り心地だけどしっかりしている。クリアポケット付きということです。母子手帳ケースとして、たくさん入って、どこにしまってあるかすぐわかり丈夫であるのはとても大事です。

赤ちゃん本舗には他にもディズニーデザインのケースやアンパンマン柄などがあります。キャラ物も子供と一緒に病院に行く時に子供が喜ぶのでいいですね。違う時期にはまた違うディズニーキャラクターのケースが登場すると思われます。

どれも微妙に中のつくりが違うので合いそうなものを見つけてみてください。

 

 

赤ちゃん本舗で母子手帳ケースは買える?【まとめ】

長く使うことになる母子手帳、入れるものは人によって変わってくるけど、母子手帳と一緒に出すものと一緒だと便利です。赤ちゃん本舗で出産準備と一緒に使いやすくて、好みのデザインの母子手帳ケースを探して見るのはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました