赤ちゃん本舗の【ねんね撮影会】!予約の仕方や口コミまとめ

スポンサーリンク

ねんね時期の赤ちゃんの背景を飾り付けて撮影する「お昼寝アート」って可愛いですよね。でも自分で背景を作るのは少し大変だし面倒。

でも赤ちゃん本舗でなら、可愛い背景でお昼寝アートを撮影することができます。
その名も「ねんね撮影会」。赤ちゃん本舗が行うイベントの中でも人気が高いので少し下調べしてから行きましょう!

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃん本舗の「ねんね撮影会」とはどんなもの?

まず、最初に知っておいたほうがいいのは、赤ちゃん本舗で行われるイベントは店舗主体でやっているので、店舗ごとに違いがあることです。必ず事前に行く先の店舗のサイトで確認しましょう!

 

赤ちゃん本舗で行われるねんね撮影会は、季節にあった背景の飾りがついたお布団の上に赤ちゃんを寝かせて上から写真を撮るもので、お店にもよりますが3種類ぐらいのデザインが揃えてあることが多いようです。

お布団の赤ちゃんが寝かせられるスペースは赤ちゃん一人が寝ることを想定した広さで作られているそうで、受付時間に赤ちゃん本舗に集まります。場所は赤ちゃん本舗の店舗内。店舗によっては売り場の真ん中など、なかなか不思議な場所にねんね撮影コーナーが作られていることもあるようです。

 

予約はしたほうがいい?

予約必須のイベントです。赤ちゃん本舗のホームページから各店舗のページに飛んでイベントの予約をしましょう。予約は大体1、2週間前から開始し、人気のため予約受付期間のはじめの方に締め切られてしまうようです。

 

開催する頻度は店舗によってバラバラで月1のところもあれば月に4回ほどやるところもあります。開催発表もゲリラ的とのことで、撮りたいと思ったら、1ヶ月前くらいからサイトをまめに確認しておいたほうがいいですね。

 

予約ができる期間になったらすぐに予約しましょう。予約するには、赤ちゃん本舗のポイントカードが必要で、10Pが必要という店舗もあります。ケータイでも作れますのでポイントカードを作っておきましょう。

 

店舗によっては予約をしていなくても、「三千円以上のお買い物をした方は予約の方の後に撮影できます。」という店内アナウンスを聞いたという人もいます。予約ができなくても店舗にいたら撮影できる可能性もありますが、予約必須と言えるでしょう。

 

撮った写真はどうするの?

こちらもお店によってかなり変わりますが、多くは定員さんが撮ってくれた写真の中からカレンダーにしたものやラミネートした写真を無料でくれるようです。カレンダーや写真の受け取り方も店舗で違っていて、当日の午後に受け取れるところや、引換券をもらって後日引き換えに行くなどです。

これらを無料かポイント10pで行ってくれるなら人気があるはずですね。

 

どんな背景が準備されている?

クリスマスやハロウィンなどはもちろん、正月や父の日などのデザインお背景が準備されています。ねんねアートの背景は基本的に布団の上に色のある布が引いてあり、その上にふわふわした素材のものや、布で作られた飾りなどがおいてあります。

 

月に何回も行っているところなどでは、同じデザインを繰り返し使っていることもあるので、月に2回訪れたら、同じデザインの背景しかなかったということもありえます。

各店舗の方がほぼ手作りしていると思われるものばかりでぬくもりの感じられるあかちゃんらしい背景で写真撮影することができます。

口コミでは、店員さんが写真を撮った後に家族が撮影する時間もあり、ゆっくり急がず写真を撮ることができたそうです。

 

どういう意気込みで行くべきなの!?

ねんね撮影会で予約を撮ることができるのは平均して5~10組ほど。多くの人が気合十分な状態で予約をし、撮影に来るそうです。なのでみんな可愛いコスプレやおしゃれ着を着て来るようです。ねんね時期の可愛い赤ちゃんを素敵で面白みのある背景とともに写真位納めたいんですね。

 

生後何ヶ月の子まで、と限定されている店舗もありますが、基本的にねんね時期の子ならOKです。お気に入りのおもちゃなども持っていくといいでしょう。泣いてしまう子もいますが、そういう場合はもう一回チャンスをもらえたという口コミも。

赤ちゃんの写真は泣いてても笑ってても可愛いですので思い出になりますね。

 

 

赤ちゃん本舗のねんね撮影会!【まとめ】

赤ちゃん本舗で行われる「ねんね撮影会」は人気で予約を取るのが難しい場合もありますが、無料またはポイント10pで可愛い写真を撮ることができ、カレンダーや写真ももらえて満足度の高い口コミばかりのイベントです。

 

ねんね時期の赤ちゃんはまだ遊ぶことができないのでねんね撮影会でインパクトのある写真を残してみてはいかがでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました