赤ちゃん本舗の【上履き】がオススメ!入園準備にぴったり!

スポンサーリンク

保育園や幼稚園に入る頃に必要になる上履き。最近では入園前のプレ保育から必要になることも多いですよね。そこで初めて買う上履きはどんなものにしたらいいのでしょうか。

赤ちゃん本舗には小さい子が履ける上履きもありますよ。上履きは安くて丈夫なのがいいですよね、そこで赤ちゃん本舗のものをオススメします!

 

スポンサーリンク

赤ちゃん本舗で扱っている上履きの商品展開は?

赤ちゃん本舗で売られている上履きは、「バレエシューズタイプ」と「IFME(イフミー)のスクールシューズ」の2タイプに大きく分けられます。

「バレエシューズタイプ」はオーソドックスな足の甲にゴム紐がある上履きで、「スクールシューズ」は体育館で運動するときに履くようなタイプです。バレエシューズタイプは色も数種類あって、アナ雪などの絵柄いりもあります。

無地のバレエシューズはサイズが[13.0~20.0cm]834円(税込917円)

キャラのバレエシューズは[14.0~18.0cm]1,280円(税込1,408円)

スクールシューズは[15.0cm~19.0cm]2,300円(税込2,530円)

最小で13cmから揃っています。サイズも0.5cm刻みで揃っているので、成長したら小刻みに買えることができます。13cmの足のサイズは1歳のしっかり歩けるようになった子ぐらい。

かなり小さめからのサイズがあるのは大きなポイントです。12cmはないのでかなり足の小さい子は残念ながらありません。

 

 

赤ちゃん本舗限定デザインの「バレエシューズ」その特徴は?

上履きにはメーカーによって特徴があります。その特徴とお子様の足の形が合う合わないも大事なポイントになってきます。試着できるのが一番ですが、試着しなくても子供の足に合うかどうかわかるように口コミと照らし合わせてみましょう。

 

まず、赤ちゃん本舗限定モデルのバレエシューズタイプ(無地)は公式によると汚れにくい中底、抗菌防臭加工の中底材、丸洗いOK、靴ないに名前書きシール付き、かかとの横ブレ保護がついてます。日本製なところも良いですね。メーカーはアキレスです。

かかとの横ブレ保護がついているので、かかとのゴム部分がしっかりしていて、激安上履きのようにペラペラではないということですね。口コミとしては星4.2で高いですね!

 

口コミでは、大きすぎた人から、小さすぎた・・。という人まで様々でしたが、つま先が細めでぴったりとフィットするようなモデルなので、つま先周りが大きい子はきつかったり、逆につま先周りが小さい子はブカブカだったりすることがあるようです。

今履いてる靴がぴったりなら、その靴が幅広場合は、大きめに。細めの場合はそのサイズのものを選ぶぐらいがちょうどいいと思われます。サイズ以外では、丈夫だったという意見が多く、また使うという方も多かったです。それが星の評価に表れていますね。

 

次にキャラクターの絵柄付きの上履きです。こちらは無地のものとは少し違う特徴があります。左右がわかるように中敷にプリントがしてあり、中敷は取り外せる仕様で2枚入りです。サイズが大きかった場合に2枚入れたり、汚れたら取り替えたりできるので便利ですね。

こちらは値段も高いので、口コミは少ないです。つま先周りのゴムが大きくなっていて、足先がカバーされるような丸っこい印象のデザインになっています。

 

 

赤ちゃん本舗にある他の通園グッズ

赤ちゃん本舗では、保育園・幼稚園への入園準備グッズが揃っています。水筒、お弁当関連、ループ付きタオル、リュック、雨傘、長靴、お昼寝布団セットやお名前シールまで。お名前シールはオーダーで子供の名前を入れられるものもあります。

しかしながら上履き関係でいうと、上履き袋はないみたいです。

「アカチャンホンポネット通販」の入っている、セブン&アイ通販サイト「OMNI7」では売られているので、ネットで買う場合は上履きと一緒に買うことができます。

 

赤ちゃん本舗の上履きがオススメ!【まとめ】

上履きはお子さんの足に合う形かをよく考えてちょうどいいサイズが見つけられるといいですね。赤ちゃん本舗の上履きは、丈夫な作りで清潔にはけて、お値段も安い方です。

保育園や幼稚園の入園準備に是非活用してください。

 

タイトルとURLをコピーしました