離乳食【2ヶ月目】、なにを食べさせる?献立メニューが知りたい!

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれると、1日があっという間に過ぎていきますよね。ついさっき授乳したと思ったらもう次の授乳の時間…なんていうことも。

離乳食を開始するとより一層1日が短く感じるという声もたくさん聞かれます。1日が短く感じると、1か月もあっという間です。赤ちゃんはどんどん成長していきます。

その成長に合わせて離乳食も進めなければと思っても、毎日のことで具体的になにを食べさせたらよいのかわからない!というお悩みをもつ方のために、今回は離乳食を開始して2ヶ月目におすすめの献立メニューとスケジュールをご紹介します。

 

スポンサーリンク

離乳食2ヶ月目ってどんな時期?

まずは、離乳食2ヶ月目はどのような時期なのかを確認しておきましょう。

離乳食2ヶ月目とは、初期食に該当する時期です。赤ちゃんによっては、中期食が見えてくる時期かもしれませんね。初期食は1回食ですので、1日のどこかで食事をします。

 

万が一食物アレルギー症状など異変が見られた場合に備え、病院を受診しやすい午前中に食べさせるのが理想的と言えますが、生活スタイルや予定によって流動的になることも考えられます。

午後や夕方になるようなら、それまでに問題なく食べた食品で離乳食を作るようにしましょう。

 

初期食で食べさせてみたい食品

初期食におすすめの献立メニューをご紹介する前に、初期食のうちに食べさせてみたい食品を確認しておきましょう。

離乳食1ヶ月目、つまり離乳食を開始してすぐでは10倍粥がメインですが、2ヶ月目に入るとそれ以外の食材も食べさせ始めます。

<たんぱく質源食品>

・豆腐(絹ごしが軟らかくておすすめ)
・白身魚(たい、たら、ひらめ、かれい等)
・しらす干し(しっかり塩抜きをし、すりつぶす)

 

<野菜>

・葉物類…キャベツ、小松菜、チンゲン菜、ほうれん草、白菜
・根菜類…にんじん、大根、かぶ
・その他…きゅうり、たまねぎ、トマト(皮、種を除く)ブロッコリー(蕾の部分)、かぼちゃ、じゃがいも、さつまいも

これらの食品を組み合わせて献立メニューを考えてみましょう。

 

離乳食2ヶ月目のメニューと1週間の献立スケジュール

それでは、具体的におすすめのメニューを1週間の献立スケジュールに当てはめながらご紹介します。

<月曜日>

・10倍粥
・とろとろ豆腐…絹ごし豆腐を昆布だしで煮込み、ペーストにする。
・トマトとブロッコリーのサラダ…トマトは湯むきして種を取りペーストに、ブロッコリーは軟らかく茹でてペーストにして盛り付ける。

<火曜日>

・夕焼けおかゆ…10倍粥ににんじんのペーストを混ぜる。
・白身魚のポテトサラダ…白身魚、じゃがいもは茹でてペーストにして混ぜ、きゅうりのペーストをのせる。

<水曜日>

・10倍粥
・かぶとほうれん草のあんかけ…かぶとほうれん草は軟らかく茹でてペーストにし、塩抜きしたしらす干しをすりつぶして混ぜ、昆布だしで煮てとろみをつける。
・かぼちゃペースト

<木曜日>

・10倍粥
・豆腐のトマト煮込み…絹ごし豆腐とトマトのペーストを野菜スープで煮る。
・彩り野菜…にんじん、チンゲン菜、たまねぎのペーストを彩りよく盛り付ける。

<金曜日>

・さつまいも粥…10倍粥にさつまいものペーストを混ぜる。
・白身魚とキャベツのあんかけ…白身魚、キャベツをそれぞれ茹でてペーストにし、昆布だしで煮てとろみをつける。
・ブロッコリーペースト

<土曜日>

・しらす粥…10倍粥に塩抜きしてすりつぶしたしらす干しをのせる。
・かぼちゃサラダ…かぼちゃのペーストにきゅうりのペーストをのせる。
・白菜汁…白菜のペーストを昆布だしで煮る。

<日曜日>

・10倍粥
・豆腐と小松菜の煮込み…小松菜は軟らかく茹でてペーストにし、豆腐とともに昆布だしで煮込んでとろみをつける。
・彩り根菜…にんじんと大根のペーストを彩りよく盛り付ける。

 

離乳食2ヶ月目、なにを食べさせる?【まとめ】

離乳食2ヶ月目は中期食に向けて食べられる食品を徐々に増やしていきましょう。たんぱく質源食品も献立に取り入れてみてください。

ただし、排便の様子を必ず確認し、異常があるようなら一旦10倍粥のみに戻すなどの調整も必要です。無理のないように進めてあげてくださいね。

 

野菜はアクが少ないものから開始し、どれも軟らかく茹でてペーストにしてあげます。初めは嫌がる様子もあるかもしれませんが、慣れてくるのを気長に待って、食卓に出し続けてみてください。

赤ちゃんの健やかな成長をお祈りしております!

タイトルとURLをコピーしました