母乳は乳管が【開通】しないと出ないって知ってた!?

スポンサーリンク

赤ちゃんをうんでから乳管が開通しないと胸に母乳がたまり痛みがでる可能性があります。

母乳が開通するまで時間がかかるため、妊娠中からマッサージをする必要があるようです。

母乳が開通するまでにどのくらい時間がかかるの、母乳が開通していないとどんな影響があるのかを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

母乳が開通するまでどのくらいかかるの?

母乳は赤ちゃんが生まれたらすぐに出ると思っている人もいるかもしれませんが、赤ちゃんをうんでからすぐに母乳が出ることはありません。

 

母乳は妊娠中~出産後までの準備をすることでやっと母乳を出すことができます。

妊娠中はたくさんのホルモンが乳房の中に働きかけるため、乳腺が血液から母乳を作る準備をして、たまに妊娠しているときから少し母乳がにじんでいる人がいます。

 

赤ちゃんが生まれて胎盤が体の外へ出ると、胎盤から出ていたプロゲステロンなどのホルモンの量が急に減ります。

乳腺が母乳を作り始めますが、出産してから36~96時間くらい時間がたつと母乳の量が増えます。

 

 

母乳が開通するときは何本くらいがいい!?

胸には母乳の通り道である乳管があり、乳管が開通していると母乳が出るようになっています。乳管は約20本あるようですが全部開通しなくても、乳頭から乳汁が3~4ヶ所ほど出ていれば大丈夫だそうです。

 

乳管の開通状態も個人差がありますが、乳腺が細く乳管が詰まりやすい人、初めて子供をうんだママは開通しにくいようです。母乳をたくさん出すために乳管を開通させておくのは大切なことです。

赤ちゃんをうんでから母乳育児を進めるために、乳管開通は妊娠しているときからする必要があります。

 

 

母乳が開通していないと影響があるの?

乳管が開通していないと母乳がうまく出なくなるだけではなく、乳管がふさがれた状態のまま胸が張ってしまうと、乳腺炎などのトラブルが起きる可能性があります。

 

乳管が開通していない原因は、乳腺に脂肪の塊が詰まるため乳管をふさいでいることなどはママの食生活が影響していることが多いです。甘いもの、脂っこい揚げ物は美味しいですが、食べ過ぎると乳腺が詰まりやすくなるため食生活にも気をつける必要があります。

 

赤ちゃんも負担がかかります。

乳管が開通していないと母乳が出ないため赤ちゃんが、一生懸命吸ってもおっぱいを飲めまないため強く吸いつくと乳首が切れて、血が出るなどのトラブルが起きる可能性があります。

 

「乳管開通マッサージの方法」

①乳輪~乳頭までを親指、人差し指、中指の3本の指でつまみます。

②つまんだままひねってひっぱり指を離す動作を繰り返します。
 ※痛みを感じる固い部分があるときは、乳管が詰まっている可能性があります。

③色んな方向から乳輪、乳頭までを優しくほぐしましょう。
 ※あまりに力を入れ過ぎてマッサージをすると、乳首などを傷つけないようにしましょう。

④揉みほぐしを続けると母乳と一緒に乳管に詰まっていた塊が出てくるようです。
 乳管を開通させるために根気強く自分のペースでマッサージをします。
 ※赤ちゃんが吸ってくれることで乳管の詰まりが取れます。

授乳期に母乳がうまく出るために産後の母乳育児をスムーズに進めるためにも妊娠中から行う必要があります。妊娠中のときにマッサージをするときは、必ず妊娠後期に入ってからしましょう。

 

 

母乳は乳管が開通しないと出ないって知ってた!?【まとめ】

母乳は赤ちゃんをうんだらすぐ母乳が出るわけではありません。赤ちゃんをうんでしばらく時間がたってから出ないと、母乳は出ませんがママによって個人差はあります。

赤ちゃんをうんでから母乳を出したいひとは、妊娠中からおっぱいマッサージがおすすめですが、安定期に入ってからマッサージをするようにしましょう。

マッサージをするときは助産師さんに相談しながらしましょう。

タイトルとURLをコピーしました