母乳を授乳中は【お菓子】食べていいの!?赤ちゃんに影響あり?

スポンサーリンク

母乳を授乳中はお腹がすいてたまにはお菓子を食べたいときがありますよね!?

授乳中にポテトチップスや甘いお菓子を食べても影響はあるの?

赤ちゃんに影響がないおすすめのお菓子や授乳中に食べてはいけない理由について紹介します。

 

 

スポンサーリンク

母乳育児中にお菓子を食べていいの!?

おやつといえば甘いお菓子をイメージすると思いますが、授乳中のおやつは甘いお菓子ではないほうがいいですよ。

母乳を作るとエネルギーを消費するため、エネルギーや赤ちゃんに必要な栄養を補うたむには体に優しいおやつがおすすめです。

 

甘いお菓子ばかり食べると母乳の質が落ちてしまい、赤ちゃんが母乳を飲まなくなる可能性があります。

 

母乳はお母さんの血液からできているためお菓子や脂分の多い物や塩分の多いものは控えて、お菓子の食べ過ぎは太る原因になり赤ちゃんの体に影響があります。

 

 

母乳中に食べていいおすすめのおやつは!?

・和菓子を食べる。

授乳中のおやつにするなら洋菓子のようにバターや生クリームなどの、脂分が少ないため糖分をとることができます。授乳中に甘い物が食べたくなった時は、ケーキなどのお菓子よりも和菓子がおすすめです。

 

和菓子の中でも大福は、お餅で小豆を包んだもので、お餅や小豆も母乳が出やすくなる効果があるため母乳の出にくいママにおすすめです。

お餅だけでは母乳が詰まりやすくなるが、小豆は母乳を詰まりにくい効果もあります。

 

母乳は血液からできているため血行促進作用のある小豆は効果があります。

小豆はポリフェノールや鉄分がたくさん入っているため、エネルギー補給にとても役立ちます。貧血の防止になるため鉄分は積極的にとりましょう。

 

・母乳ママに寒天ゼリー。

寒天ゼリーは脂質が少ないので、授乳中でも安心して食べることができます。食物繊維もたくさん入っているため腹持ちもよく女性に嬉しい食べ物です。

牛乳寒天などのアレンジもできるため、小豆をのせると授乳中の体に優しいおやつになります。

 

・干しいもを食べる。

蒸かし芋や焼き芋、干し芋には、母乳の質を良くする効果があり、授乳中は水分不足になりやすく、便秘になりやすいが芋は食物繊維も入っているため便秘の改善することができます。

サツマイモは甘みが強く甘い物が食べたい時におすすめで、砂糖とは違う自然な甘みなので、母乳へ影響がほとんど出ないだけではなく甘くて満足感もあり、食べ過ぎを予防することができます。

 

・ドライフルーツを食べる。

ドライフルーツはビタミンやミネラル、食物繊維や鉄分がたくさん入っています。

食物繊維は便秘の解消になり、母乳は血液からできているため授乳中は貧血になりやすいです。鉄分は血を作ってくれるため貧血の防止におすすめです。

ドイフルーツは糖質が多く食べ過ぎに注意しましょう。生の果物と違って水分が少なく満腹感を感じにくいため、たくさん食べてしまう可能性があります。糖質も生のフルーツよりたくさん入っているため食べ過ぎに注意しましょう。

 

・フルーツ類

ドライフルーツ同じようゆ生のフルーツも栄養が高く授乳中のおやつにおすすめです。季節の果物は栄養が高いためできるだけ季節を感じられる果物を食べましょう。

凍らせて夏場のアイスクリーム代わりに食べるのもいいですが、冷たいものは体を冷やすため、体が冷えると全体的に体調を崩す可能性があるため、冷やし過ぎに気をつけましょう

 

・赤ちゃん用のおせんべい

赤ちゃん用のせんべいなどは授乳中におすすめで、味が薄く油や塩分も少なく母乳の質を落とさずに食べれます。種類もたくさんあるため体にも優しいおやつです。

赤ちゃん用せんべいは、スナック菓子やクッキーなどの歯触りを求める方におすすめです。口の中が渇くため飲み物と一緒に食べると満腹感を得ることができます。

 

 

母乳を授乳中はお菓子食べていいの!?【まとめ】

・授乳中におやつは食べていいがスナック菓子ではなくて、和菓子や小豆が入った大福などがおすすめです。

・ドライフルーツや果物をたくさん食べすぎない。

・寒天ゼリーや干しいも、赤ちゃん用のせんべいを食べると満腹感を感じやすい。

赤ちゃんに母乳を授乳中のママは母乳の出がよくなるように、大福や小豆、和菓子を食べると母乳が出やすくなります。

授乳中は油が多いスナック菓子は控えて、和菓子や寒天ゼリーなどを食べることで、お腹いっぱいになるけどカロリーは低いのでおすすめですよ。

 

授乳中にママがおやつを食べすぎて太らないように気をつけることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました