母乳を授乳中、【ヨーグルト】を食べると赤ちゃんにはどんな影響はあるの!?

母乳を授乳中、ヨーグルトを食べることで赤ちゃんにどんな影響があるのか知りたくはないですか?

ヨーグルト製品は赤ちゃんにアレルギーがないか確認してから食べるようにしましょう

ヨーグルトを毎日食べてもいいの、授乳中にヨーグルトを食べるとどんな影響があるかについて紹介します

母乳中はヨーグルトは食べていい?

赤ちゃんの骨を作るために必要なカルシウムやタンパク質が、たくさん入っているためおすすめの食材です

食べ方によってカロリーも控えめになるため、産後の体系を気にするママにおすすめです

乳製品を食べると乳腺炎になりやすく、因果関係はないため安心して食べることができます

体にいいからヨーグルトだけを食べ続けるのは栄養不足になるため注意が必要です

野菜中心のバランスの良い食生活を心がけ、間食や朝食のひとつとして食べるようにしましょう

ヨーグルトのカロリーは?

・明治ブルガリアヨーグルトLB81低糖 1パック144キロカロリー

・グリコ朝食リンゴヨーグルト 1パック122キロカロリー

・ビヒダスプレーン加糖タイプ 1パック111キロカロリー

・バニラヨーグルト 1パック111キロカロリー

・ぜいたく果実白桃&ヨーグルト 1パック103キロカロリー

・森永アロエヨーグルト 1パック101キロカロリー

・オイコス脂肪0プレーン・加糖 1パック90キロカロリー

・パルテノブルーベリーソース 1パック81キロカロリー

・恵ガセリ菌SP株ヨーグルト 1パック35キロカロリー

授乳中にヨーグルトを食べると影響がある?

ヨーグルトをたくさん食べ過ぎて乳腺炎になるより、偏った食生活で母乳の質が下がるためヨーグルトを食べると母乳が多くなります

赤ちゃんが飲み切ることなくどんどん母乳だけが出る状態になるため、お手入れをしないと乳腺炎になる可能性があるため注意が必要です

定期的に搾乳をするのが一番いいですが、子育ては体力や精神的にも大変なためスケジュール通りにいきません

母乳が必要以上でないために乳製品は食べ過ぎないようにしましょう

授乳中におすすめのヨーグルトの食べ方は?

朝食やおやつ、お腹がすいたときに食べることをおすすめします

ヨーグルトの他にシリアルや果実、サラダなど一緒にとることでいい効果があります

ヨーグルトを食べるときの注意点は?

1.赤ちゃんに乳アレルギーがないか確認する

乳製品のアレルギーは注意が必要で、ママが食べたものは母乳を通して赤ちゃんへと送られます

ヨーグルトは乳製品なので、赤ちゃんに乳のアレルギーがあったら、母乳を飲んだあとに発疹など皮膚が腫れたときは早めに小児科に行きましょう

アレルギー症状が出たら原因の食材をママが食べないようにすることが大切です

2.食べ過ぎて冷えないように気を付けましょう

ヨーグルトは冷たくて食べやすいため食べ過ぎてしまうこともありますが、食べ過ぎると体が冷える原因になります

授乳中のママは血流が悪くなると母乳の量が変わり、母乳が全く出ない可能性もあるので、食べるときに少し温めて食べましょう

冷たいヨーグルトを食べたいときは、他の冷たいものは控えて母乳の質を下げないよう考えてご飯を食べることをおすすめします

一日一回乳酸菌を食べることで体調が本当に良くなり、免疫力が高まるため風邪をひきにくくなる効果もあるため、授乳中は育児で疲れや睡眠不足になりやすいためヨーグルトを食べましょう

手軽に食べられて健康促進、赤ちゃんの発育にも良い影響があるヨーグルトです

ヨーグルトと一緒にフルーツやパンなど栄養が偏らない食事を心がけて、ヨーグルトの食べ過ぎや栄養不足にならないように心がけましょう

母乳を授乳中、ヨーグルトを食べると赤ちゃんにはどんな影響はあるの!?【まとめ】

・授乳中にヨーグルトを食べてもいいが、赤ちゃんに乳アレルギーがないか確認する

・赤ちゃんに乳アレルギーがなければ毎日おやつや朝食にヨーグルトを取り入れる

・ヨーグルトだけではなくバランスよくご飯を食べる

・授乳中にヨーグルトを毎日食べることで、免疫力が高まり体調を崩さない

私も授乳中にヨーグルトや牛乳を取り入れていました

栄養が赤ちゃんにいってしまうため、栄養が偏らないように野菜を中心とした食事をして、朝はシリアルとヨーグルトを食べていました

授乳中はお腹がすくためおやつやお腹がすいたときに少しずつ食べるようにしていました

赤ちゃんやママが栄養不足にならないように心がけることが大切です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA