断乳で【熱】が出て乳腺炎になってしまったら?熱さまシートは効果はあるの?

スポンサーリンク

私は断乳の際、胸が張り熱は持ったものの熱発はしませんでした。しかし、過去に授乳している間に乳腺炎になったことがあります。40度近い熱が出て胸は赤く腫れ上がって、固く歪な形になっていました。乳腺炎の一番の解決方法はどんどん赤ちゃんに飲んでもらう事でした。

しかし、今回は断乳の際乳腺炎になってしまったらどうするかです。乳腺炎になった経験があるからこそ、断乳の際には気をつけた点がいくつかありますそんな私の経験をもとに乳腺炎の対処と断乳の方法をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

断乳で熱が出て、乳腺炎に?

私自身は断乳で乳腺炎にはなりませんでしたが、胸は強く張り少し痛みもありました。そんな状態で乳腺炎にならなかったのは、以前乳腺炎になったのでそうならないようにうまく圧抜きができるようになっていたからだと思います。

 

私は断乳するまで頻回授乳でしたので、6時間空くだけで胸が固まってきているのがわかりました。強く張ると勝手に母乳が出てくるようになっていたので、それで圧が抜けていました。固くなり出したら、ゆっくり胸をマッサージしてしこりができないようにしました。

 

断乳するからといって全く胸のケアをしなくなると、しこりができやすくなったり乳腺炎になる恐れがあります。

 

 

 

 

断乳で熱が出た時の対処法は?

私が乳腺炎になったときは熱が40度近くになりました。人生においてこんなに高熱が出たのははじめてで、インフルエンザかと思いましたが胸に大きいしこりが複数できていたため、産院に連絡し診てもらうと乳腺炎でした。そのときは助産師さんに胸を絞ってもらい母乳の流れを良くし、しこりをなくしてもらいました。

 

しかし、今回は断乳中なので絞って母乳をどんどん出すわけにはいけません。軽く絞って圧を抜く程度なら大丈夫です。母乳を絞り出すのではなく、マッサージするように血液の流れが良くなるようにしました。これで痛みも和らぎます。

 

断乳する際には数日前から食事にも気をつけていました。糖分や油物は控えて、血液がサラサラになるような食材を心がけました。また、熱を持ってしまったら胸を冷やすと楽になるので保冷剤や熱さまシートで対処するといいです。

 

 

 

 

断乳スケジュール

断乳をする際は、綿密に計画を立てることが大切です。私の考える3つのポイントを上げていきたいと思います。断乳は体も負担がありますが、気持ちの面でも負担になってしまいます。

1.スケジュールを組む事で、極力胸がつまらないように食事や飲料に気をつける必要があります。断乳する日から頑張ろう!ではなくて、数日前から断乳にむけて準備も要ります。

2.自分自身の体調や子供の体調が良いときにすることも大切です。体調が良くないときに無理に断乳してしまうと食事も水分も取れなくなり、安心材料の母乳がなくなると不安感が増してしまいます。

3.断乳すると決まったら理解していなくても子供にもその旨を伝えていくことがいいと思います。いきなり大好きな母乳がなくなると悲しくてたまりませんもんね。バイバイの意味を理解していたら、言い聞かせる事で幾分か落ち着くと思います。

 

 

 

断乳で熱が出て乳腺炎になってしまったら?【まとめ】

断乳する際注意することの一つには乳腺炎にならないようにすることだと思います。ただでさえ断乳することはきついです。その上気をつけていても詰まってしまって最悪高熱が出てしまうかもしれません。乳腺炎になってしまったら一度断乳をやめて改善してから再度挑戦してもいいと思います。

 

また、断乳する際はきちんと計画を立てることも重要です。ママがとった食事で胸の詰まりも関係してくるので、スケジュールを組んで断乳を行うといいですよ。

 

母子ともに体調が良いときに無理のない断乳計画を立て、余裕を持って実行していけたらと思いました。

タイトルとURLをコピーしました