子どものお宮参りの着物に【紐がない】?事前準備と産着の着せ方をご紹介!

スポンサーリンク

お宮参りと言えば、ママと赤ちゃんが着るきれいな着物。

着物を着て写真を撮るの、憧れますよね~。

着物を着るときには産着とその下の襦袢(じゅばん)の紐が必要なのですが、「紐がない」という場合があります。

 

紐がないと結んで着ることができません。

「せっかく母親が準備してくれたのに紐がない!」とか「レンタルしたけど紐なんてなかった!」ということもあるかもしれません。

 

そんな時は、紐や代用品さえ準備すればちゃんと産着を着ることができます。

どこでどうやって購入し、事前準備は何をしたらよいのか、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

子どものお宮参りの着物に紐がない時は、「お宮参り用紐」を用意!

紐がない場合、「お宮参り紐」を買いましょう。楽天などで購入することができます。

紐の使い方は、以下のとおりです。

・着物と襦袢に紐を通します。

・紐を左右とも袖口から出しておきます。

・紐にあらかじめ、お守りを通しておきます。(ここまでは家で済ませておきます)

・祈祷の直前、着物の柄がついている側がママ(赤ちゃんを抱っこする人)の前側になるように着せます。

・赤ちゃんの顔が見えるよう、赤ちゃんの頭が左腕にあるとしたら、左は赤ちゃんの肩、右はママの肩に着物を着せます。

・最後にママの背中側、帯の上あたりで紐を蝶結びにしたら、完成。

ただし、「お宮参り紐」は、男の子用は黒、女の子用は赤のものがほとんどです。

男の子の場合は着物も黒や濃い色の場合が多いと思いますが、女の子の場合はピンクやブルー、黄色など、赤が合わない場合もあるかもしれません。

写真を撮るときに紐が写ってしまわないよう、うまく隠れるように着せてもらったり、姿勢を工夫する必要があります。

 

子どものお宮参りの着物に紐がない時は、クリップを用意!

紐よりも安く手に入るのが、クリップです。

「おたすけクリップ」「着物クリップ」「たもとクリップ」「たすきクリップ」などの名前で販売されています。

 

紐がついており長さ調節ができるタイプのものと、クリップ単体のものとがあります。

紐に比べカラーバリエーションが豊富なので、着物と同色を選んでもいいし、少し違う色でオシャレに見せるという方法もあります。

 

アクセサリーのようなものもあります。

こちらも楽天などで購入することができます。クリップの使い方は、以下のとおりです。

 

クリップの場合、紐に比べてシミュレーションは重ねた方がよいと思います。

いったん家で付けてみて、ベストな場所を確認できたらいったん外し、あとは祈祷の直前に付けます。

付ける場所は写真に撮るなどしておけば再現しやすいでしょう。

 

祈祷中はずっとつけていますが、長時間付けておくとクリップのあとが付くかもしれませんので、止める場所には注意してください。

*長さ調節のできる紐がついたクリップの場合

・クリップの片方は産着に付けます。

・もう片方は、後ろに回した着物や自分の服あるいは帯などに止めます。

・ちょうど良い長さにクリップの紐を調節し、止める場所を覚えておいて、外します
 (ここまでは家で済ませておきます)

・祈祷の直前、覚えておいた場所にクリップを止めます(止めてもらいます)。

クリップは2本あれば足りるでしょう。

 

*紐がついていないクリップの場合

・クリップで、産着と自分の服を止めます。

・止める場所を覚えておいて、外します。(ここまでは家で済ませておきます)

・祈祷の直前、覚えておいた場所にクリップを止めます(止めてもらいます)。

クリップは2本では少ないかもしれません。前後左右に必要な場合、4本準備しておきましょう。

 

子どものお宮参りの着物に紐がない?【まとめ】

お宮参りに紐がなくても、専用紐あるいは代わりのクリップで何とかなります。

着物を買ったりレンタルしたりしたら、紐がついているかどうかをまず確認しておきましょう。

 

紐がなければ、日に余裕を持って紐やクリップを買う必要があります。

産後の忙しい時ですし、呉服店などに置いているとも限らないので、オンラインショッピングを賢く利用しましょう。

 

最悪の最悪、当日に気づいた場合はこっそりと洗濯ばさみを持っていく、という方法もあるかもしれません・・・。

 

写真を撮るときにはくれぐれもご注意を!

タイトルとURLをコピーしました