熱中症が癖になる・繰り返す場合の対策方法!

スポンサーリンク

また熱中症の季節がやってきます。

昨年も熱中症で倒れる人が多かったですよね?

なぜ熱中症になるのか?

私はこの疑問にぶち当たりました。

何が原因が皆さんも気になりましたよね?

実は熱中症は起こる人と起こらない人で差がありました。

 

スポンサーリンク

熱中症が癖になる人はいるの?

熱中症はそれほど暑くない程度の温度でもかかってしまいます。

その人特有の体の特徴があるので熱中症にかかる人とかからない人が居ます。

その特徴とはその人の年齢、体調、住居の環境にあるとされています。

熱中症になりやすい人は乳幼児やお年寄りの方です。

暑い日に運動したり暑い部屋に居ると熱中症になりやすくなります。

また同じ部屋・同じ運動をしても熱中症になるリスクが高くなります。

ここ何年かを数値化した時、乳幼児と高齢者が熱中症になりやすい事が分かっています。

特にお年寄りの方が乳幼児よりもはるかにリスクが高いのです。

また健康な人でも熱中症になりやすいことが分かってます。

熱中症は一度に大量の汗をかくと水分や塩分が体から失われ体液のバランスも崩れてけいれんを起こしたり、気を失ったりといった体の不調が起こります。

このような状態も熱中症の一種と言えるでしょう!

 

熱中症が癖になるとなぜ繰り返す?

熱中症は人それぞれの体調や作業環境、水分補給の程度、暑さに慣れているかどうかなどさまざまな要素が原因となります。

気温や湿度が同じ条件下だとしても、熱中症を起こすリスクが高い人や逆に起こしにくい人もいるのです。

熱中症になる原因として2つの要因があります。

それは環境と体にあります。

環境について見てみると気温の高い環境に居ることで体温を調節する機能が狂ったり体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることで起こるめまいや頭痛、けいれん、意識障害などをまとめて熱中症なんです。

この他に環境の要因について風が弱い・日差しが強いといった変化も考えられています。

体については激しい運動などにより体内でたくさん熱が産生・暑さに体が慣れていない・疲れや寝不足・病気などで体調がよくないといった事が関係してます。

これらの要因が重なった時に熱中症が起こりやすくなるとされています。

このような現象の後に注意が必要とされているのは梅雨の晴れ間や梅雨が明けてすぐしばらく涼しい日が続いた後急激に暑くなった時期です。

注意が必要な場所は運動場、公園・海やプール・家庭内の風通しが悪い室内でも起こります。

熱中症の対策法は?

上記お教えしたことを1つずつ崩していくのが対策となります。

水分補給をする

体温の上昇や発汗により失われた水分補給をする事は何より大切な事ですよね。

熱中症になりやすい方は水分補給を怠った人が基本多いんです。

脱水症状にならないように水分補給をしっかりする必要があります。

ただ、過度の水分補給は「水中毒」になってしまうので注意してください。

 

塩分を補給する

発汗は水分だけでなく塩分も失われますので、適度に塩分を補給しましょう。

スポーツドリンクなどは水分補給と共に塩分も摂取できるのでおすすめです。

また、塩レモン飴は塩分補給の目的で売られているのでぜひ活用してみてください。

 

十分な睡眠を取る

水分や塩分の不足に気をつけていても熱中症になる人は居ます。

その原因は睡眠不足や日々の疲れが考えられていますので扇風機やエアコンなどを上手に使って適正な体温になるような環境を作ってぐっすり眠って睡眠と疲れを十分取ってください。

ですが温度を下げすぎると体温が下がりすぎて風邪などの原因になるのでその点は注意してください。

熱中症にならない体を作る

1日3食をバランス良く食べるというのを意識して食事を摂ることで丈夫な体、すなわち熱中症になりにくい体を作る事が出来ます。

ですが、食べすぎに気をつけてください。

体が強くなれば体温の上昇などもある程度体が調節してくれるようになります。

 

熱中症が癖になる・繰り返す場合の対策方法!【まとめ】

以上、熱中症についてでしたが皆さんは知識として何か知っているものなどありましたか?

私はまだ熱中症はありませんが健康な人でもなるというので気をつけてこの夏は過ごして行きたいと思います。

みなさんも今夏は気をつけて楽しい夏を過ごせるようご多幸をお祈り申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました