プールで筋肉痛になるその原因とならないための意外な対策方法はこちら!

スポンサーリンク

普段慣れない動きをするとすぐ筋肉痛になりますよね。

久しぶりにプールでひと泳ぎしたなんて時は、多くの方が筋肉痛で悩まされる方が多いのではないでしょうか。

しかもなかなか治りづらいというのもありますよね。

 

そういった方に朗報があります。

実はプールで泳いでも筋肉痛にならない方法もあるんです。

スポンサーリンク

プールで筋肉痛になる?

プールで筋肉痛になります。

プールでは普段使わない筋肉を使うので大きく動かす形が変わるとその伸縮性のない結合組織が損傷し炎症が起きると言われています。

疲労物質と言われる乳酸はブドウ糖を分解し筋肉を動かすエネルギーを作るために必要な物質です。

これが激しい運動をするとエネルギーを多く作ろうとして乳酸が筋肉に過剰蓄積し中性であった筋肉が酸性となり筋肉を固くさせるため炎症や痛みを引き起こすとされているだそう。

損傷した筋肉が同じ場所に新たに筋繊維を合成しようと一度分解するためその分解をする際に炎症が起きて傷みが発生するとされています。

つまり水泳に限らず激しい運動をすると体の様々な筋肉に負荷を与えてしまうという事です。

 

プールで筋肉痛になる原因って?

一般的によく知られている筋肉を動かすことで乳酸が溜まります。

そのため、炎症や痛みを引き起こす事が原因とされています。

その他の説として伸縮運動などによって筋に小さな断裂が起こり筋肉繊維が傷むため傷んだ筋肉を再構築するために一度筋肉が分解されるため筋肉が縮んでしまうためなどさまざまな説があります。

筋肉痛になる原因は運動後数時間〜数日後に生じる筋肉の痛みのことです。

運動直後ではなく一定の時間が経過してから症状が生じるのです。

これを「遅発性筋肉痛」と呼びます。

一方運動中から運動直後に生じる筋肉の痛みもあります。これを「急性筋肉痛」と呼びます。

一般的に筋肉痛と呼ばれるのは遅発性筋肉痛の方なんです。

この遅発性筋肉痛が及ぼすのは不慣れな運動や不適切なトレーニングなど慣れない動きをした時に筋肉が過度に収縮を繰り返す時にそのダメージが加わって炎症を生じる為とされています。

筋肉痛は年齢を問わず誰にでも起こりうる症状なんですが通常は一週間以内に自然とよくなる事がほとんどなんです。

筋肉痛は何が原因かは解明されていませんが様々な説があり運動中や運動直後に急激に発症する「急性筋肉痛」と運動後数時間~数日後に発症する「遅発性筋肉痛」の2つが考えられています。

プール筋肉痛にならない方法は?

普段運動をしない人が急に体を動かすと筋肉痛が発生します。

今回は筋肉痛にならない方法と筋肉痛を和らげたり回復させる方法の2つです。

筋肉痛を予防する為に3つの方法があります。

入念にストレッチを行う

ラジオ体操をして足首や手首などをよくほぐすこと。

水泳後のクールダウンをする

特に疲れている部位を中心にストレッチをするとOKです。

二の腕・肩など重点的に行って行きましょう!

全身を温める

泳いだ後はゆっくり湯船に浸かってマッサージをして温めてあげてくださいね。

こうすると血行がよくなり疲労回復して筋肉痛の予防になります。

ここで補足すると怪我ではなくすでに筋肉痛のような痛みがある時は逆に冷やすのが有効です。

 

その1つとして激しい運動をした後は筋肉の温度が高くなり余計な疲労物質が発生している状態になるのでここでアイシングをする事によってその疲労物質の発生を防げるからです。

 

プールで筋肉痛になるその原因と対策法!

いかがでしたか?

プールで筋肉痛になるんですね。

筋肉痛になるのに2つもの理由があったなんて知りませんでした。

さらに筋肉痛は筋肉が伸び縮みしたり逆に縮み伸びしたりといった働きが起こり筋肉痛になるのもびっくりしました。

無理やり体を動かすと負担がかかり筋肉痛になってしまうので無理なく運動をして体を温め、プールが終わった後はストレッチをきちんとして筋肉痛にならないようにしたいです。

タイトルとURLをコピーしました