プールの中の気温・水温の基準!中止になる温度は何度?

スポンサーリンク

学校の授業や夏休みなどでよく使うプールですが意外と知らないことがいっぱいありました。

プールの気温などによって中止になる事が分かりました。

 

スポンサーリンク

プールの中の最適な気温は?

まず最初に疑問にぶち当たったのがこの質問です。

実は気温が水温より高めであること、風がない事が理想的な気温なんです。

プールで寒いと感じない温度は最低30℃はあった方が良いんだとか。

天気が曇ったり、雨だったりした時に寒いと感じることはもちろんあるんですが29℃以下の時に気持ちよくないと感じる事はありません。

確かに20℃台って寒そうと思ってしまいます。

シャワーなんかを浴びてると27℃は「あっ!無理だ!」と思いますよね。

 

こういった基準は文科省により決められています。

 

とりあえず、水温は23℃以上はほしいという事を言いたいです。

 

室内用のプールは29~31℃が適温とされていますが競技用のプールは規則に従ってください。

 

プールの中の水温の基準は?

次は水温についてです。

一般的な水温の基準は22℃未満とされていますがこれではぬるくて全く意味をなしません。

なので、水温は23℃以上である事が望ましい。

上級者や学生には22℃以上の水温が好ましいとされています。

水温と気温の差は水温が若干低くても気温が高ければ不快感はないが逆に水温が高くても気温が低ければ快適とは言えません。

しかし、ちゃんとしたことは決められていませんが水温20℃以上を最低基準として水温+気温=45℃以上 水温+気温=50℃以上のどちらがプールの授業をするにあたっての条件になってきます。

なので、45℃以上の場合は水温が23℃あったら気温は最低でも22℃以上なければ授業を行う事ができません。

ですがこの気温基準というのは各学校で変わって来ますのではっきりとは言いきれません。

中には水温20℃以上という学校もあります。

また、水温が24℃なのに気温が22℃といった水温より気温が低い場合もプールから上がると体調不良を訴えることがあるのでプールには入りません。

結論として気温が水温より高いということも条件になってきますね。

低学年や初心者ほど水温に敏感で一般的な22℃未満ではあまりプールが楽しめません。

なので、水温は23℃以上で上級者や高学年でも22℃以上の水温が適当と言えます。

プールが中止になる温度は?

夏休みに入るとプール開きが始まりますよね。

ですが、“プールが中止になった”とよく聞きませんか?

実はプール中でも体調不良で中止にせざる得ない理由があります。

夏場はとても暑くプールの水も一気に暑くなり熱中症を起こしやすくなります。

次第に水が暑くなり時間が経っていくとぬるま湯に使っている感覚になるので発汗作用が生まれ危険に陥ります。

すると命に関わる事にもなりかねません。

さらに発汗作用が生まれると普段あまり感じないのどの渇きも感じるようになるため、水分補給を余儀なくされます。

 

気温と水温が合わせて65〜70℃になるとプール中止となる学校や自治体もあるようです。

 

プールの中の気温・水温の基準!【まとめ】

以上、いかがでしょうか?

学校によってや自治体によって定められた数値がないというのがびっくりした事でした。

私も小学生の時、プール中止になった経験を持つ為、様々な人の気持ちがよく分かります。

私も楽しみにしていて急遽中止となったためものすごくイライラと悔しさが込み上げて来ました。

イライラというのはなぜ、天候に左右されなきゃいけないんだという気持ちの方です。

これを読んでくれる方々もこれからこういった経験をされる人がいっぱい居ると思いますが楽しみは次に取っておくと良いということですね。

タイトルとURLをコピーしました