お歳暮のお礼を【メール】で送ってもいい?その時の文例は?ビジネスや親戚、義母に送るメールとは?

スポンサーリンク

お歳暮を贈るにあたってお礼状を書きたいけどなかなか時間が取れなかったり文章が決まらなかったりして直前までばたばたしている事ありませんか?

最近はスマホが主流となっているのでメールなどが出来るようになっています。

そこでお歳暮のお礼をメールでして大丈夫なのかといった疑問にお答えします。

 

 

スポンサーリンク

お歳暮のお礼をメールで送っても良い?

メールでもOKです。一見非常識に思うかもしれませんが実は◎なんです。

しかし、メールで済ませるとなると相手の関係性によるものとなります。

 

親しい間柄となる人にはメールで送って大丈夫です。

例えば義母や親戚などといった方です。

 

ですがビジネスとして贈る上司や目上の人に対してはやはり手書きのお礼状にする必要があります。

 

どちらの場合でも基本的にははがきや手紙でお礼状を贈ることを前提にメールは取り急ぎお礼を伝えるという手段として考えておいた方が良いです。

 

お歳暮のお礼をメールで送る時の文例は?

取引先やビジネスに送る文章を例文でご紹介すると

 

件名 見本商事㈱ 山田よりお礼

散布琉物産株式会社
代表取締役 佐藤一男様

平素は大変お世話になっております。
このたびは結構なお品をご恵贈頂きましてありがとうございました。
ふだんはなかなか手に入らないご当地の名産品をお送り頂き、スタッフ一同大変喜んでおります。
おかげさまで今期は順調に業績も回復いたしております。

これからもご期待に添えるよう一層精進して参る所存でございます。
変わらぬご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

本来は書状にてお礼を申し上げるべきところ、略儀ながらメールにて失礼申し上げます。
ありがとうございました。

見本商事㈱ 東京都渋谷区○○□-□-□
取締役社長 見本太郎 tel.03-○○○○-○○○○
E-mail.○○○@○○○○

ポイントとしてビジネスメールの場合、注意が必要なのはあて名の部分の書き方です。

 

メールの冒頭、左上に「相手先会社名」「氏名+様」の順に書いていきます。

肩書きのある相手には相手先会社名と肩書、氏名+様が正しい書き方なんだそう。

 

よく見かける誤った書き方は○○社長様、○○部長様という書き方ですが、こういった書き方は肩書きに様を付ける形となり、誤りです。

 

 

続いては上司から部下へ送る際のメール文なんですが今回は社内の人宛てに送信する事を想定しています。

 

件名 吉田よりお礼
鈴木学人様

このたびは美味しい牡蠣を送って頂き、ありがとうございました。
家族も大喜びで、おかげで私の株も上がったようです。
お心遣いありがとう本当にありがとうございました。

これから年末に向けて更に忙しくなります。
なにかと力を借りることがあると思いますが、どうぞ宜しくお願いします。

取り急ぎお礼のみにて失礼します。
ありがとうございました。

吉田志代 tel.090-○○○○-○○○○
E-mail.○○○@○○○

この文章にお断りの文を入れるなら今後はお気遣いなきようお願いしますという言葉を入れたらもっといいです。

 

来年からお歳暮は贈らないでくださいねという意味合いを持ち、さらにもう少しやんわりと伝えてくれています。

 

 

お歳暮のお礼、ビジネスや親戚、義母に送るメールとは?

これからは友人や知人に送る際のお礼メール文例を解説したいと思います。

 

件名 結衣より ごちそうさま

お元気ですか?
大好きな○○が届きました(*´꒳`*)ノ

また私を太らせようと画策して(笑)いやご馳走さまでした。
実は私の方からもユリ宛てに○○を手配しています。

たぶん今週くらいに届くと思います。
取り急ぎお礼メールで〜す。
ありがとうございました。

こちらは仲の良い友人に宛てた際のメールでさらに自分からのお歳暮も出した場合の例文となります。

 

件名 愛子より ごちそうさま!

お元気ですか?
今日、牡蠣が届きました。
いつも心遣いをありがとう。○○も大喜びです。

浜松からは、いつもと同じ、うなぎを贈りました。
レンジで温めてもいいですが、解答してフライパンでホイル蒸しがおすすめです。
テレビでやっていたレシピを送りますね。

年末にはご馳走を沢山作って待っています。
あと数週間、風邪など引かないよう 元気でね。

 

義母や親戚など身内からお歳暮が届いた場合のメール文例となっています。

こちらも自分から贈ったお歳暮もある場合の文章となります。

 

 

お歳暮のお礼をメールで送ってもいい?【まとめ】

いかがでしたか?

今回のお歳暮はメールでも良いとのことで安心した、助かったと思った方々が多いのではないでしょうか?

 

ぜひこの文面を参考にメールで挨拶もいいかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました