なぜ【つわりがこない】⁉不安でどうしようもなくてもきっと大丈夫!つわりがこない人の特徴は?

スポンサーリンク

私は3回出産を経験した事がある現役子育てママです。3回のうち、最後の3回目の妊娠中に始まったはずのつわりが1度なくなってしまうという不思議な経験をしました。妊娠初期の頃でした。

 

 

1回目の妊娠時も2回目の妊娠時も、割と早い段階でつわりが始まり長い間つわりには苦しんできたので、3回目の妊娠時にもつわりの辛さに対してある程度の覚悟を持っていました。そして、実際に3回目の妊娠時もつわりが始まり吐いてばかりだったのですが、急に1週間ほどつわりがピタッと収まってしまったのです。不思議な事に気持ち悪さもなくて、吐く事もないのです。

 

始まったはずのつわりが急にこないのです。私は不安になり、「赤ちゃんがいなくなったかも」と最悪のケースをどうしても考えてしまい、次の検診の日まで不安でどうしようもなく泣いて過ごしました。

 

待ちに待った検診の時に、産婦人科の先生に「つわりがひどかったのに、もう1週間もこないんです。赤ちゃんは大丈夫でしょうか?」と言うと、先生からも妊娠初期は不安な時期なので何があってもおかしくないとの説明をされました。その言葉が余計に私を不安にさせたので悲しくて仕方なかったです。

 

しかし、結局そんな心配をよそに検診の結果、赤ちゃんはきちんとお腹にいてくれました。つわりは普通ならとても嫌な事なのに、この時ばかりはつわりがこないのがこんなに不安だなんて思いもよりませんでした。そして、この後また苦しいつわりが再来しました。

 

そして3回の妊娠のうち、3回ともつわりの重さや症状などがそれぞれ異なっていたので、人の身体の不思議を実感しました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

つわりがこない事もある!不安にならなくても大丈夫!

私は3回の妊娠全てにおいてつわりを経験しています。妊娠した時につわりを感じる方は約80パーセントいて、残りの約20パーセントの方はつわりがこないという方なんだそうです。

 

だから、妊娠したからといって必ずしもつわりがくるわではないんですね。こない場合もあるんです。だからつわりがこないからって不安にならなくても大丈夫なんですよ。つわりには色々な種類の症状があります。一緒にみていきましょう。

 

・吐きづわり

もっとも有名なつわり症状だと思います。とにかく胃がムカムカして吐きます。吐き過ぎると脱水症状になる恐れもあるので注意が必要です。

 

・食べづわり

お腹が空くと気持ち悪くて吐いてしまう症状です。胃が空っぽにならないよう、こまめに何かを食べて空腹を感じないように気をつけましょう。

 

・匂いづわり

匂いにとても敏感になり、それによって気持ち悪くなったり吐く事もあります。シャンプーや石鹸、洗剤、他人の体臭、料理など今まで気にならなかった匂いが急に強く感じられ気持ち悪くなるのでマスクやハンカチを準備しておきましょう。

 

・よだれづわり

よだれ(唾液)がたくさん出てしまって気持ち悪くなってしまう症状です。よだれを飲み込むと余計に吐きそう事があるので、よだれをすぐに吐き出せる工夫をする必要があります。

 

・眠りづわり

寝ても寝ても眠たくて仕方がない症状です。あまりにも我慢できない強い眠気が来たりするので、仕事中や運転中だと不安になります。

 

代表的なつわりを挙げましたが、どれもこれも辛そうな症状ですね。このようなつわりがこないのは、不安がる事ではなくてむしろ喜んで良い事ではないでしょうか?

 

 

 

 

つわりがこない人の特徴はある?

先程、つわりがくる人は約80パーセント、こない人は約20パーセントとお伝えしました。しかし、つわりがくる人とこない人の違いって何なんでしょうね。第一に、なぜつわりという症状があるのかという事もまだ医学的にはきちんと分かっていない為、そのつわりがこない人の特徴もはっきりと正確には答えられないというのが正直なところでしょう。

 

しかし、つわりが起こるのはおそらくこういう事なのではないか?という予想はあります。それに付随したつわりがこない人の特徴もありますので、今回はつわりの原因予想と、つわりがこない人の特徴予想という風にお伝えしておきましょう。

 

つわりの原因予想

・妊娠をきっかけにホルモンバランスの変化が起こる為なのではないか?

妊婦さんの身体の中では、胎盤を完成させる為に様々なホルモンが動き出します。その急な変化に身体がついていけないからつわりが起こると考えられています。

 

・血流が悪くなりがちだから?

妊娠すると身体つきも変わりますし、どうしても自律神経の働きが乱れてしまいがちです。そうなると血流が悪くなってしまい、つわりも起こりやすいという考えもあるようです。

 

なるほど、こういう理由によってつわりが起こると予想されているんですね。では、この考えに基づいた、つわりがこない人はどんな人なのか?これから見ていきましょう!

 

 

つわりがこない人の特徴予想

・体内の変化に対応するのが得意

これは、赤ちゃんを育てる為に身体の、でホルモンバランスが急激に変化しても、その変化に対応できる妊婦さんだとつわりがこないという事が考えられます。

 

・もともと胃腸の働きが強い

妊娠すると胃腸の働きが弱くなってしまいがちですが、それに負けない胃腸の強さを持っているとつわりが起こりにくいという考えからこう言われています。

 

・ストレス解消がうまい

精神的ストレスもつわり悪化に影響しがちだそうです。しかし、ストレス解消をうまくできる人でしたらストレスを溜め込まないのでつわりと起こりにくいそうです。

 

どうやらつわりの原因と考えられるものに耐えやすい人が、つわりがこない人という事みたいですね。

 

 

 

なぜつわりがこない⁉【まとめ】

多くの妊婦さんにつわりがあると思うと、自分につわりがこない場合にはどうしても不安になりがちです。しかし、つわりがこない場合でも大丈夫です!不安にならずにラッキーぐらいの喜びの気持ちでいて大丈夫だと思います。

 

つわりできつい思いをしなくて良い分、赤ちゃんの名前を考えたり、出産準備を整えたり、買い物だって楽しむ事もできます。どうか、不安にならずゆったりとした気持ちで過ごしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました