つわりの始まりと生理前の症状の違いはとは?見分け方を解説!

妊娠を待ち望んでいる女性にとって「これはつわりの始まりなの?」「それともただの生理前?」と、判断しにくいとても似た悩ましい症状があります

それはどういう症状かと言うと例えば次のようなものがあります

・なんとなく身体がだるい

・眠くて眠くて仕方がない

・腰が重たい感じがする

・下腹部が張っているように感じる

・イライラして気持ちが不安定になる

これらは、実際に妊娠前にも起こりうる症状です

特に眠くて仕方ないという症状は眠りづわりというつわりの1つとも考えられます

しかし、これらは同時に生理前に起こるPMSの症状でもあるのです

なので、妊娠を希望している場合には、なかなかこれだけではつわりの始まりなのか、生理前の症状なのか違いが分からずに困ってしまいますよね

私もそうでした!妊娠を希望している時期は生理予定日が近づいてくると「この症状はつわりの始まり?それとも生理前の症状?」とドキドキしながらインターネットで妊娠初期の症状を調べてばかりいました

これらの症状がつわりなのか、生理前の症状なのか分かりやすい違いはあるのでしょうか?

スポンサードサーチ

つわりか生理前か?その違いは吐き気にあり!

これまでに紹介してきた「身体がだるい」「眠くて仕方がない」の他にもし、「吐き気」があればそれはつわりの可能性が高いかと思います!

つわりの症状と生理前の症状の違いは吐き気です

ただし、これには個人差があるので100パーセントこの通りだとは断言できませんのでご了承くださいね

つわりでも吐き気がない妊婦さんもいらっしゃいますし、生理前に吐き気を催す方もいらっしゃるかもしれません

なので、ここでは先程の症状にプラスで吐き気があればつわりの可能性が高いとお伝えしておきますね

ちなみに私は生理予定日あたりの妊娠4週目ぐらいからつわりが始まり吐き気を催しました

その後、生理予定日から1週間ほど待ってから妊娠検査薬を使用し、陽性反応が出ましたよ

妊娠検査薬を使用できるのは、だいたいどのメーカーの検査薬も生理予定日の1週間後から使用できるかと思います

生理予定日前に検査薬を試してみてもはっきりと反応しない事も多いようです

実は、私も過去に何度かフライング検査をした事があります

しかし、フライングで検査をしても結果ははっきりと分かりませんでした

検査薬が無駄になってしまうのももったいない気がするので、検査薬が使える日まではやはりご自身の身体の変化を感じてもらうのが良いのかなと思います

妊娠が分かったら?通う産婦人科についてアドバイス

めでたく検査薬等で妊娠が判明したら、産婦人科を受診してください

産婦人科によっては予約が必要な所もありますので、1度電話にて問い合わせしてみると良いですよ

また妊娠を希望している女性は、いざ妊娠した時に慌てなくて良いように妊娠前から事前に通いたい産婦人科についていくつかリサーチしておきましょう

通い始めてから「こんなはずではなかった」という事を防ぐ為です

産婦人科によっては妊娠前の女性に向けて、産婦人科内を見学できるようなものもあるので積極的に利用してみるのも良いですよ

実際に、私も妊娠して産婦人科に通ってみて分かったのは通うのに時間がかかる所は、特につわり時期の吐き気がある時には辛いという事です

家族の方に車で連れて行ってもらえる場合はそんなに気にしなくても良いと思いますが、どうしても1人で産婦人科まで通う方は、産婦人科までどのくらい時間がかかるのか?交通手段は何があるのか?という点まで視野に入れていた方が良いですよ

また、産婦人科にて赤ちゃんを産んだ後も、産婦人科によっては色々と指導方法が異なるようです

母乳育児推奨派の産婦人科なのか、それとも母乳でもミルクでもどちらでも大丈夫ですという産婦人科なのか、その辺もご自身の考え方と近い産婦人科の方が後々ストレスになりにくく、おすすめですよ

産婦人科選びの参考にしてくださいね

もしかして妊娠?つわりの始まりと生理前の症状は似てる!【まとめ】

妊娠初期は何かと不安な事ばかりだと思います

初めての妊娠なら尚更です

特につわりで吐き気の症状があり、辛くて辛くて仕方ない時には下を向いてばかりで楽しい事も考えにくいかもしれません

しかし、妊娠生活はあっという間!身体や心に負担がない限りは、楽しんで過ごして欲しいなぁと思います

最近ではマタニティ用の洋服もオシャレで可愛い物がたくさんありますし、妊婦さん向けの雑誌も面白いですよ!

あなたの妊娠生活が楽しいものになりますよう応援しています!

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA