つわり症状のある妊娠初期に感じやすい【腹痛】は大丈夫なの?その対処法は?

スポンサーリンク

妊娠すると、色々と出てくるマイナートラブル。

吐き気などのつわり症状や、頭痛、だるさ、腹痛などの不調が出てくる場合もあります。その軽度や感じ方は人それぞれです。

今回は、特に不調を訴える妊婦さんが多いと思われるつわり時期に感じやすい腹痛について色々とお話していきたいと思います。

 

私も妊娠中はひどいつわり症状と、腹痛に悩まされていました。なんとも表現するのが難しいのですが、ズーンと鈍いような腹痛でした。

 

つわり時期に腹痛があると、ただでさえ吐き気や嘔吐で苦しいのに「もうこれ以上苦しいのはやめてほしい!」と思っていました。

 

実際に、妊娠中に腹痛を感じる事はとても不安でした。

なぜなら、この腹痛を感じる私のお腹の中に赤ちゃんがいるのですから、「赤ちゃんに何かトラブルでもあったらどうしよう?」と悪い方にばかり思考が向かっていたのを覚えています。

 

それでは、つわり時期に腹痛を感じる場合はどうすれば良いのでしょうか?その対処法を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

つわり時期に腹痛が!その対処法は?

多くの妊婦さんは、つわり症状が起こりやすい妊娠初期に腹痛を経験しているパターンがあるようです。

それでは、実際に腹痛が起こった時はどういう対処法があるのでしょう。

 

つわり時期に腹痛を感じた時の対処法

①身体を横にして安静にしてみましょう!

まずは、ベッドやソファにゆっくり寝そべってみましょう。疲れやストレスガトーショコラ溜まっていたりすると、腹痛を感じやすくなります。

 

赤ちゃんからの「ママ、休憩してね」のサインなのかもしれませんよ。特に妊娠中で不安定な時期なのですから、無理をし過ぎないという事を意識しておきましょうね。

 

②洋服の締め付けを緩めてみましょう!

意外と気付きにくいのがこれです。洋服のズボンのウエスト部分はきつくなっていないですか?また、それ以外にも胸の下(アンダー部分)の締め付けは大丈夫でしょうか?

 

身体を締め付けている洋服や下着を緩めてみてください。つわりの吐き気だけでなく、腹痛の軽減にも役立つかもしれません。

 

③水分補給に気をつけてみましょう!

水分は取れていますか?つわり症状があって、なかなか水分補給ができていなかったり、食べ物が食べられない場合には便秘で腹痛になっているかもしれません。

 

何か飲みやすい物を、少しずつの量をこまめに飲んでみましょう。便秘が改善されると腹痛も和らいでくるかもしれませんよ。

 

あまりにも便秘がひどい場合は、産婦人科のお医者さんに相談して、お薬を処方してもらうのも1つの方法ですね!

 

④お腹周りを冷やさないようにしてみましょう!

お腹や腰、お尻が冷えていませんか?意外とお腹周りが冷えている場合もあります。タオルケットをかけてみたり、妊婦さん用のおしゃれで可愛い腹巻きや毛糸のパンツなどもたくさん売っています。

 

お腹周りを温かくするように心掛けて、血流が良くなるように気をつけてみましょう!

 

つわり時期に起こりやすい腹痛について、その対処法を4つ紹介しました。どれも自分でできそうな対処法ばかりですので、腹痛を感じたらまずは試してみるのも良いのではないでしょうか?

 

病院に行った方が良い腹痛はある?

先程紹介した腹痛の対処法を試しててもみ、改善しなかったり、出血があったり、痛みが続くようであればすぐにかかりつけの産婦人科へ連絡すべきだと私は思います。

 

結局のところは専門の知識のあるお医者さんでないと、その腹痛の原因や対処法も分からない事が多いのではないでしょうか。

 

何しろ、赤ちゃんに関わる事なのでつわり時期に起こりやすい腹痛には要注意ですね!

 

 

つわり症状のある妊娠初期に感じやすい腹痛は大丈夫なの?その対処法は?【まとめ】

腹痛について不安を感じたり、迷ったり、何か違和感を感じたら、的確な対処法を知る為にもお医者さんの指示を受けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました