つわりで【胆汁を吐く】のは結構辛い!緑色の液体を吐く場合は病院へ相談!

スポンサーリンク

これまで3人の子を出産してきた現役ママである私のつわり体験談です。3回の妊娠時期に、つわり経験も3回あり、そのうち1番きつかったのは1人目のつわり時期でした。最終的にには胆汁を吐くようになり、病院に相談したところ妊娠悪阻で入院しました。そんな私のつわり体験談です。

 

 

現在同じ事で困っている、悩んでいるつわり中の妊婦がいたら、ぜひ参考にしてほしいと思います。あまりに辛い場合には病院の先生に相談する事をおすすめしますよ!まずは、私がつわり症状がひどくなり胆汁を吐くまで悪化してしまったのはなぜなのか、これからお話していきますね。

 

 

 

スポンサーリンク

つわりで緑色の液体を吐く日々

当初つわりが始まったばかりの時は、「食べたら吐く」の連続でした。だんだんと、食べ物の臭いがするのもダメになり、食べ物を見るのもこわくなってしまいました。つわりが辛すぎて「なぜ私がこんなきつい思いをしなければならないんだ?」とばかり考えていました。

 

つわり時期の私にとって食べ物は「吐く物」という意識に変わってしまいました。何を試してもつわりですぐに吐くんです。本当なら食べ物は身体に栄養を与えてくれるし、お腹も満たされて幸せになるのは分かるんですが、このつわり時期だけは食べ物を食べてしまうと、その後に必ず吐くので食べるのが怖かったです。

 

そして、私は自分自身がつわりでどんどん弱っていっている気もしていました。かろうじてポカリスエットやアクエリアスをちびちびと時間をかけて飲むくらいでした。それでも、1日かけて飲める量は500ミリのペットボトル半分もいきませんでした。

 

それでもまだまだ止まらない嘔吐。私はこの時には、つわり前の体重からすでに5キロ近く痩せてしまっていました。胃の中に何も入っていない為か、ついに緑色の液体を吐く回数が増えてきました。それも何日か続きました。緑色の液体を初めて吐いた時には「なぜこんな色の液体を吐くの︎」と驚きましたが、頭もぼーっとしていた事もあり、深く考える事もせずにどうにか毎日を過ごしていましたね。

 

泣いても泣いてもどうにも止まらないつわりに苛立っていました。

 

 

 

 

つわりで吐く緑色の液体は胆汁だった!

その後、私が頻繁に吐くこの緑色の液体が胆汁であるという事を知るのですが、胆汁とは一体何でしょうか?

 

胆汁とは?

胆汁とは肝臓から出る消化液の事です。黄色〜緑色をしているそうです。脂肪の消化に役立つものらしいですよ。つわりで吐く食べ物がなくなって、緑色の苦い液体を吐くようになったら、おそらくそれが胆汁ではないでしょうか。

 

妊婦検診の際に「つわりがひどすぎて胆汁まで吐くんですが、なぜですか?」と病院の看護師さんに質問したところ、「つわりが重い妊婦さんにはよくある事なんですよ」と説明され、血液検査やら尿検査、体重測定などひと通り済ませてから診察になりました。

 

診察では、私のつわりで胆汁を吐く状態と体重の減り具合や尿検査で出たケトン体の結果などを先生が見て、「妊娠悪阻で入院した方が安心です」と言いました。そして、そのまま自宅に帰らず入院となったのです。

 

 

 

つわりの悪化は妊娠悪阻!私の入院話

つわりは悪化すると妊娠悪阻と呼ばれるようで、私が通っていた病院では、脱水症状や栄養不足を点滴で補いながら身体が回復するように入院を勧められました。気休め程度の吐きけ止めの薬も点滴に入っていたようですが、私には全く効かなかったし、先生も看護師さんも「効かない人は効かないですよ」と言っていました。

 

入院中もつわりで吐くのですが、水分が身体に入ってきてから体力的には楽になりました!そのおかげで、だんだんと食事も冷たいお粥程度なら少し食べれるようになり、退院が許可されました。トータル4日間の入院でした。

 

こんなに入院して体力が回復できるんだったら、もっと早くつわりで吐くのがきつすぎると、病院に相談しておけば良かったと思いました。

 

 

 

つわりで胆汁を吐くのは結構辛い!【まとめ】

もし、今現在同じような事で困っている妊婦さんがいたら、病院へ行く事をおすすめします。私みたいに入院にならなくても、数時間だけ点滴したりもできるようですよ。特に初めての妊娠だと分からない事だらけなので、困ったらすぐに電話でも良いので病院に相談したら良いですよ。

 

つわりが終わるまではどうしようもない悩みですが、つわりは必ず終わる日が来るので、それまでの辛抱です!頑張ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました