双子の出産は【普通分娩】できる?!気になる出産費用は?!

スポンサーリンク

結論から言いますと普通分娩で双子の出産できます!

この記事ではどうしたら普通分娩ができるか、気になる出産費用など検証していきます!

わたし自身、一歳半になる男の子の双子がいるので実体験もお伝えできたらなと思います。

 

 

スポンサーリンク

双子を出産までの道のりは過酷・・・?

自身の経験から言いますと、双子の妊娠中から出産までは過酷でした。双子を妊娠するとつわりが重くなると言われています。

私も重症妊娠悪阻になり3ヶ月の入院生活を送りました。嘔吐してしまうから飲めず、食べられず点滴でなんとか生きていました。正直、「赤ちゃんが頑張ってるから自分も頑張ろう!」なんて思えず早く妊婦を終えたい。そればかり考えていました。

 

その後、妊娠後期に管理入院はしませんでしたが、妊娠中はとにかくお腹が大きすぎてあまり動けなかったり、胃が圧迫されてしまい逆流性食道炎になってしまいました。最後の2、3週間では赤ちゃんがあまり育ってくれなくなりました。健診を週に2回行きやっと妊娠38週で出産にしました。

 

双子の妊娠、出産には早産・妊娠高血圧症・子宮内胎児発育不全・双胎間輸血症候群その他にも様々なリスクがあります。

わたしはつわりこそ大変だったものの赤ちゃんもそこそこ上手に育ってくれて、管理入院もなくて、双子を妊娠・出産した中ではそこまでリスクはなかったと思います。それでも過酷だと感じました。

 

 

双子の出産、普通分娩がしたい!

わたしは出産=普通分娩という漠然としたイメージがあって、普通分娩を希望していました。けれど、赤ちゃんの体位が頭位と横位でしたの予定帝王切開で赤ちゃんを出産しました。赤ちゃんを無事に出産できたので帝王切開で良かったなと思っています。

 

病院によっては双子だと帝王切開と決まっている病院もありますが、下記条件が満たされると普通分娩が可能な病院もあります。

 

・普通分娩での出産経験があること
・妊娠の経過が順調であること
・二人とも頭位であること

 

しかし、普通分娩となっても、一人目の子が出てきたあと、2人目がうまく出産することができず、二人目が緊急帝王切開となってしまうこともあるそうです。そうなってしまうと、赤ちゃんにも、お母さんにも負担が大きくなってしまうかなと感じました。

 

普通分娩だと産後の回復がよいと言われていたり、帝王切開だと確実に二人とも出産することができますし、やはりそれぞれにメリット・デメリットがあり、一概にどちらがいいとは言えないですね。自分がどうしたいか、また主治医の先生の相談して決めることが一番なのかなと感じました。

 

 

気になる費用は?双子だから2倍かかる?

双子を育てていくには一気に2人分のお金がかかりますし、出産費用にどのくらいかかるのか不安な方も多いかと思います。

まず、出産一時金として一人当たり42万円、二人で84万円が加入している健康保険からもらえます。帝王切開の場合、加入している医療保険によってはお金がもらえます。

 

普通分娩ですと、50~65万円が平均となります。普通分娩は保険適用とならず、自費となります。

帝王切開分娩の私の場合は差額室料含め43万程で、出産一時金の半分ほどが残る金額でした。手術は保険適用となるので3割負担になります。管理入院をした場合はさらに費用負担が増えるでしょう。

 

普通分娩でも帝王切開分娩でも、出産一時金でもらえる84万円は超えないことが多いです。双子ですからオムツもミルクも2倍!出産一時金が残れば本当に助かります。

 

双子の出産は普通分娩できる?!【まとめ】

・双子の出産は条件を満たしていれば普通分娩もできる

・出産費用は出産一時金で間に合うことがほとんど

お金はどうなるの?お腹切らなきゃいけないの?妊娠が判明したと時にとっさに頭に浮かびました。

息子たちが1歳半になった今は外で降ろおした瞬間違う方向へ走りだすからどうしよう!とか、その他悩んだりすることがあります。

妊娠中含め子育ては本当に大変だな、ほどほどに頑張らないと!と思います。

タイトルとURLをコピーしました