年末年始に旅行がしたい!【航空券】はいつが買い時?

年末年始は家でゆっくり過ごすのも良いですが、家族の休みが揃いやすいのは年末

そうなると家族皆で旅行に行きたくなりますよね

お盆休みがない会社にお勤めの方々は特に年末年始くらいしか機会はないのではないでしょうか

年末年始に旅行する企画を立てる際、やはり気になるのは移動費ですよね

鉄道も気になるところですが、海外旅行を考えている方々ですと、航空券をいつ買うべきか悩むところだと思います

今回は航空券をいつ購入すべきかお話をしていきたいと思います

スポンサードリンク

年末年始の航空券の買い時は?【国内線編

レガシーキャリアと呼ばれるJALやANAで航空券の購入を検討されている場合はやはり早めに航空券を予約するのが安く済むそうです

また年末年始のような旅行or帰省のシーズンでは早く予約しないと売り切れてしまいます

JALは搭乗日330日前の午前9時30分より、ANAは355日前の午前9時30分より予約が可能です

約一年前から予約ができるとは言え、予約開始時期には冬ダイヤが確定しておりません

冬ダイヤが確定するのは8月の下旬頃のようなので、8月下旬に予約するのがベストなタイミングでしょう

冬ダイヤが確定する前に予約することは可能ですが、JALの公式サイトを確認すると「運航ダイヤ確定後に必ず再度予約内容を確認する」旨記載があります

運航ダイヤ確定時に予約便の発着時刻、便名、機種、機材、運航会社、座席番号に変更が発生する場合がある為とのことです

予約したから安心…とはならず、冬ダイヤ確定後は必ず再確認しましょう

LCCの場合でも時刻表発表時が予約開始となるようなので、発表されたら早めに予約するのが良いでしょう

年末年始の航空券の買い時は?【国際線編

年末年始はハワイへ旅行、そんな素敵な計画を立ててみたいですね!

さて、国際線の予約開始時期ですがレガシーキャリアのANAは355日前から、JALは360日前から予約ができるようです

以前JALの国際線予約開始は330日前でしたが、2019年に変更が入っております

人気の場所ではすぐに売り切れてしまうこともあるそうなので、国際線も確実に入手するなら約一年前から予約をすることになるでしょう

LCCの場合は予約受付開始日が不定期のようです

ですが6ヶ月前からスケジュールが出ることが多いので、その頃に航空券の予約状況を確認するのが良いかもしれません

とは言え、LCCの場合は日程の変更やキャンセルの規定なども厳しいので、予定が確実でない場合は早すぎる予約は行わない方が安全だと思います

レガシーキャリア?LCC?飛行機利用初心者の方へ簡単にご説明

レガシーキャリア、LCCという単語はご存知でしょうか

飛行機に普段乗らない生活を送っている人にとっては想像するのも難しく「レガシー?LCC??」と思ってしまう方もいらっしゃると思います

■レガシーキャリア

フルサービスエアラインとも呼ばれております

フルサービスという名の通り、サービスや設備が充実しております

・食事、荷物の預かりが無料

・エコノミークラスの座席でもLCCに比べて座り心地が良い

・遅延や欠航の時は他社便へ振替えることができる

…などです

またレガシーという呼ばれ方のように老舗の航空会社ということでもあります

■LCC

LCCはローコストキャリアの略で「格安航空会社」のことです

その名の通り安く飛行機を使用できますが、サービスがレガシーキャリア程手厚くありません

・食事や飲み物、ブランケットの貸し出しが有料

・座席が窮屈に感じることがある

・荷物を預けるのが有料

機内に持ち込むにも重さや大きさの制限がある

・遅延や欠航の際、他社便に振替えることができない

LCCではサービスが簡略化されている為、レガシーキャリアのようなサービスを期待している方には物足りなく感じるかもしれませんね

それでも航空券はレガシーキャリアに比べると格安なのでサービスは最低限で良い、手荷物も少ない、とりあえず移動費を安くしたいという方に向いていると思います

スポンサードリンク

年末年始に旅行がしたい!航空券はいつが買い時?【まとめ】

国内線、国際線の航空券予約に関してお話ししてきましたが、どちらを利用する場合も早めに予約するのが一番のようですね

半年~1年前に旅行、帰省の計画を立てることは容易ではないと思いますが、1カ月前にキャンセル待ちに望みをかけるという綱渡りをするよりかは安心できるでしょう

早めに計画を立て、素敵な年末年始をお過ごしください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA