父子家庭の【デメリット】とは??父子家庭ならではの魅力もお伝えします!

スポンサーリンク

父子家庭は仕事や家事育児で大変そうですよね。

そこで今回は、父子家庭ならではの悩みや、メリット・デメリットを紹介していきます。
父親一人で子育てしている方もぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

父子家庭のデメリット(悩み)とは

父親として一人で子育てしていくという大きな責任を負って生きるシングルファザーには、様々な悩みがつきものです。周囲に相談できるような同じ立場の人が少ないこともあり、一人で不安を抱えながら生活しているという男性も多いでしょう。父子家庭ならではのデメリット(悩み)にはどのようなものがあるのか紹介していきます。

 

経済的に余裕がない

シングルファザーになると金銭的に悩みを抱える方は多いです。自分と子どもの生活費に加え、子どもが保育園や幼稚園に通っているならば利用料を、小学校低学年ならば授業が終わったあとの学童保育の使用料を支払わなければなりません。

こうした出費を一人で賄う必要がある一方で、育児のために定時帰宅すると収入が減るという悪循環に陥り、日々余裕がないという状況になるケースは少なくありません。

 

仕事と家事の両立が大変

一人で生活費や養育費を稼ぐには、仕事を一生懸命しなければなりません。しかし、子どもが小さいと家事育児もすべてシングルファザーである男性が担当することになります。

どんなに疲れて帰っても家事育児が待っていますし、休日も掃除、洗濯などであっという間に終わってしまうので、体力も気力も使い果たす日々が続きます。

 

裁縫を頼まれた時に困ってしまう

最近は、料理や掃除、洗濯といった家事を難なくこなせる男性が増えてきました。父子家庭になっても家事に自信のある男性もいるという声も聞きますが、多くの男性が困るのが裁縫関係です。

ボタンを付けたり、服などに名前を縫いつけたり、子どもがいると裁縫作業が意外とあるもの。
女性と違って男性は裁縫の経験が圧倒的に少ないため、裁縫作業に困ることが多いでしょう。

 

子どもに寂しい思いをさせていると悩んでしまうことがある

父子家庭になると、生活費を稼ぐためにより仕事をしなければなりません。残業や出張、休日出勤などを最低限に抑えたとしてもゼロにはできない場合、どうしても学童やファミリーサポートといったサービスを利用することになります。親子で過ごす時間が短くなりやすくなるため、子どもに対して罪悪感を感じてしまうのでは。

 

本当は好きなことをさせたいが、お金の問題で子どもに我慢させてしまう

収入に余裕があれば子どもに好きな習い事をさせてあげられますが、実際には残業もままならないので収入があがらず、日々の生活を送るだけで精一杯という家庭も多いでしょう。

子どもから塾や習い事に行きたいと言われても、金銭的な理由で諦めさせてしまうのは親として辛いこと。もう少し収入が増えればと悩みは尽きません。

 

恋愛をしていいのか迷ってしまう

何歳で父子家庭になったとしても、一人の男性としてまた好きな女性を見つけたいという思いは出てくるものです。特に20〜30代の男性なら、周囲に独身の友人がいる割合も多いので、恋愛に関心を持つこともあるでしょう。

しかし、仕事と家事育児の両立で忙しい日々を送っていることや、子どもへの遠慮もあって、実際に新しい恋愛に踏み出すのは難しいでしょう。子どもがいる男性との恋愛に躊躇する女性も少なくないため、恋愛のチャンスそのものがないこともあります。

 

 

 

父子家庭ならではの魅力やメリットは?

精神的にも経済的にも大変なことが多い父子家庭ですが、絆が深い親子も多いのも事実です。決して辛いことばかりではなく、明るく前向きに暮らしているケースも少なくありません。父子家庭ならではのメリットとはどんなものがあるのでしょうか。

 

子どもがいくつになっても親子の仲が良い家庭が多い

一般の家庭では、子どもが成長していくにつれて父親と心理的な距離ができることが多いです。

しかし、父子家庭では親子が協力し合いながら生活していることもあり、子どもと関係の良いケースが目立ちます。
難しい局面や辛い出来事も一緒に乗り越えていく強い絆があり、お互いに信頼し合っていると言えるでしょう。

 

家事育児と仕事を両立することで、子どもが尊敬してくれる

子どもは親の背中を見て育つと言われる通り、父親が普段どのような生活態度なのかをよく見ています。寝る間も惜しんで働き、家事育児で忙しい父親を見て尊敬しない子どもはいないでしょう。

たとえお金がなくても、父親の毎日の努力を見ているため、パパみたいな大人になりたいと子どもから慕われる男性が多いでしょう。

 

奥さんに頼れない分、家事全般がマスターできる

料理、掃除、裁縫などをしたことがなく、シングルファザーになりたての頃は試行錯誤の毎日だったはず。
しかし、毎日続けることで効率よく家事をこなせるようになっている人は多いでしょう。

 

子どもと接する時間が長い分、我が子への愛情がより深まる

父子家庭の場合、一人で全て責任を持ってやらなければいけないので、一般的な家庭と心構えは大きく異なります。学校行事やPTA、地域活動など子ども関係の用事が増えて、子どもと接する時間は必然的に多くなります。

忙しい中で時間を作って参加するのは大変ですが、我が子のためと思えばやる気も愛情も増して頑張れるでしょう。

 

 

父子家庭のデメリットとは??【まとめ】

子どものことや生活のこと、お金のことなど様々な面で責任を一人背負っていかなければいけないシングルファザー。再婚率も低くストレスの多い立場ではありますが、子どもとの関係が深まり強い絆で結ばれやすいのも事実です。

父子家庭ならではの悩みがあって不安に感じているのなら、この記事を参考に父子家庭ならではの悩みを解消できるよう、前向きに父子家庭ライフを送れるよう頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました