父子家庭の【恋愛事情】!最近の傾向と父子家庭だからこそ考えないといけないこととは?

スポンサーリンク

好きな相手ができたとき、父子家庭であれば、この恋を進めるべきかどうかと悩んでしまうこともありますよね。父子家庭は独身です!悩む必要はありません。

ただ、大切な子供を抱えた父子家庭だからこそ考えることはたくさんあります。
今回はそんな父子家庭の恋愛について掘り下げていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

父子家庭の恋愛事情!父子家庭の恋愛傾向とは?

好きになった人ができたとき、自分には子供がいて父子家庭のことを考えると躊躇してしまうこともありますよね。しかし、実際シングルファザーは子供がいるとはいえ独身なので、恋愛することに問題はありません。


ただどうしても子供ありきなので、父子家庭は恋愛だけに集中することは難しいと思います。子供のことを考えると、子供も踏まえて、後には再婚も視野に入れた恋愛がしたいと思っています。


男手一つで子供を育てるのは大変ですから、父子家庭は新しいパートナーを見つけたいと考えています。

 

 

 

 

父子家庭の恋愛事情!父子家庭との恋愛は難しい?

●メリット

父子家庭は子供もおり、一度奥さんとの別れを経験していることから他の男性よりも寛大です。そのため付き合ってからも相手を大切にする気持ちが強いと思われます。


何よりシングルファザーは子供のことを1番に考えるので、恋愛に目を向けることは優先順位が下がっています。それでも好きになるということは、遊びではなくそれだけ真剣だということです。父子家庭との恋愛は一途に女性のことを思うでしょう。

●デメリット

普通の独身男性より状況がとても不利です。1番は、仕事に時間をかけて、空いた時間は子供のために使います。そのため付き合ったとしても会えない時間が多くなり、寂しい思いをする可能性もあります。


また付き合えたとしても、子供のことをしっかり考えてあげられる女性でないと別れがまっています。父子家庭の恋愛関門を乗り越えるのはハードルが高いです。女性は自分の子供でない子供の面倒を見ることが前提になるので負担がかかることにもなります。

 

 

 

父子家庭の恋愛事情!再婚は考えてる?父子家庭の気持ち

父子家庭は再婚についてどのように考えているのでしょうか。ここでは大きく3つのグループに分けて考えていきます。

1.早く結婚したい派

子供たちにお母さんを… という思いで、早く結婚したいというシングルファザーもいます。
ただ、そういう男性は子供のためというより、自分が仕事に集中したい、家庭で家事育児の役割分担をしたいというのがホンネであって、子育てにちゃんと向き合っていない傾向があるような気がします。

2.いずれは結婚したい派

育児にちゃんと向き合っているシングルファザーではわりとこのタイプが多いように感じます。
再婚を焦るのではなく、女性に対して共に生きるパートナーとしての役割を求めています。
育児と仕事、両方の大変さを理解しているので、家事育児を女性に押し付けるのではなく、お互いに自立した存在で一緒にやっていきたいという考えを持っています。

3.絶対に結婚したくない派

前妻とのゴタゴタで女性不信に陥っていたり、あるいは死別の場合でもそのショックが大きすぎたりするシングルファザーでは、再婚に消極的な人もいます。


父子家庭の再婚に対する考え方は上記のように人それぞれ。ただ、いずれの場合にしろ、再婚するしないは別として、女性との出会いがあれば恋愛関係にはなりたいと考えているようです。

 

 

 

 

父子家庭、母子家庭の恋愛は??

父子家庭と母子家庭の恋愛は、お互いの境遇が理解できるので話し合いも上手く行きやすいと思います。ただ、もし結婚となると子供同士のことで問題になりやすいのではないでしょうか。


子供の年頃にもよりますが、思春期の子供同士のトラブルから離婚に繋がることもあります。相性が会いやすいですが、それと同時に別れやすいというデータもあります。

 

 

父子家庭の恋愛事情!【まとめ】

父子家庭、シングルファザーだって独身なので、恋愛する権利はあります。ただ、普通の独身男性と違い子供がいるということから、考えるべき問題がたくさんあります。


本気で結婚して子供も見ていくならば、結婚に夢を見るのではなくそれなりの覚悟が必要となります。今回の記事を参考に本気で恋愛ができるのか、今一度考えてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました