シングルファザーはなぜ【再婚しないのか】?恋愛、再婚が難しい5つの理由

スポンサーリンク

離婚後、父親側が子供を引き取りシングルファザーとして子育てに励む男性が増えています。シングルファザーが恋愛、再婚しない理由は何なのでしょうか。


シングルファザーの彼氏を持つ女性にもしってほしい恋愛が難しい理由を一緒に考えていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

シングルファザーは、仕事や育児が忙しく時間がなくて再婚しない

とくに恋愛、再婚に対して悩みを抱えているパパさんは、子供がまだまだ小さく、育児に時間が手がかかるのではないでしょうか??小さいお子さんを育てるシングルファザーの多くが働き盛りの年代です。


シングルファザーさんがひとり親世帯として子育てをするようになったきっかけはさまざまですが、ほとんどの場合、今まで元奥さんと分担していた(または任せきりだった)家事や育児を一人で担うようになったというケースでしょう。


もちろんシングルマザーさんも同じですが、二人で家事育児をするより、一人で家事育児をする方が負担が大きくなります。たとえおじいちゃんやおばあちゃんが育児を協力してくれる状態であっても、お子さんを養っていくために、頑張って働かないと!と奮起しているでしょうから、毎日慌ただしい生活、仕事。


そして家事育児の中で、なかなか恋愛の時間が取れないのも事実。
出会いがあったとしても、忙しさのあまり恋愛に発展する気分ではないという男性も多いでしょう。

 

 

 

両親や親族の反対や環境で再婚しない

シングルファザーの中には両親と同居している親子もいます。サポートしてもらっている両親から、恋愛や再婚を遠回しに反対されるケースもあれば、両親との同居が引き目となり、再婚を前提に真剣交際するのは難しいと判断するケースもあります。

離婚後の同居問題は、たびたび問題になったり、時に離婚原因になったりしますが、夫は妻の同居に対するストレスに気が付きにくいものです。


ですが、シングルファザーの場合、結婚経験があるからこそ、両親と同居を余儀なくされる環境でわざわざ女性と交際してもと遠慮してしまうのかもしれません。

 

 

 

子どもの気持ちを考えて再婚できない

そしてなかなか恋愛、結婚に踏み切れない一番の理由となるのが、子どもの気持ちです。シングルファザーになった経緯は人それぞれですが、お子さんの中にはまだまだ母親へ馳せる想いが強く、複雑な心境の中、子育てに励んでいる人がいます。


とくに低年齢のお子さんは、夫婦仲がどうであろうとも、お父さんお母さんと一緒に暮らしたいという願望を抱いているでしょう。一緒に暮らせない母親への気持ちを上手に解釈できないお年頃のお子さんがいると、やはり恋愛する気持ちが湧かないという意見もあります。

 

 

生活圏内、住所を変えることができない

男女の関係も、そしてパートナーと子どもの関係も良好で、この女性なら再婚して幸せになれるかもと思ったとき、どちらかがどちらかの状況に合わせて引っ越ししたり、環境を変えたりする必要がでてくるのではないでしょうか。

大人同士だけの結婚なら、お互いの勤務先の祈り合いを取りながら、新生活の拠点を決められるかもしれません。しかし子どもには学校生活があります。小中高校もそれぞれ引っ越しと同時に転校もできますが、子どもの慣れ親しんだ環境を変えてしまうことに抵抗があるでしょう。

生活圏内を変えられないこともシングルファザーが恋愛、再婚に踏み込めない理由の1つです。

 

 

 

子連れ再婚を理解してもらえる自信がない

子連れ再婚で幸せになっている人がいる一方、子連れ再婚で起きた悲しいニュースを目にすることがあります。

継母、継父となった実の親の再婚相手から暴力や虐待を受けたり、精神的なダメージを与えられたり。そういったリスクを考えると、子どもにとって本当に再婚がメリットになるか悩んでしまう方もいます。


子連れ男性と結婚したい女性はいないだろうと、行動する前に諦めてしまうシングルファザーさんもいらっしゃるでしょう。

 

 

 

シングルファザーが再婚したい理由は??

子どもの成長を考えれば、母親のいる家庭を望むのは当たり前のことです。シングルファザーさんは仕事にも育児にも出来る限りの情熱を注いでいます。ですが、職場で十分な理解がなければ職務上の都合もつきにくいですし、子どもと過ごす時間を確保するのは難しいのが現実なのではないでしょうか。


どんな親でも、幸せな家族団らんを子どもに与えたいもの。家庭的な良きパートナーがいることでシングルファザーさんたちも生活にメリハリが出来ますし、仕事をしていく上でもモチベーションに繋がるでしょう。

 

 

 

シングルファザーはなぜ再婚しないのか?【まとめ】

以上の理由から、そもそも恋愛したいという気持ちがわかない、シングルファザーは恋愛・結婚ができないと思い込んでしまっている男性は少なくありません。しかし、世の中には子連れ再婚で幸せになったシングルファザーさんはたくさんいます。

そんなシングルファザーさんが幸せになるために一番に考えたいのは、子ども・家族に祝福されるようなパートナーを選ぶこと。そのためにはまず、子どもやサポートしてくれる両親・親族といい関係を築くことが大切でしょう。

タイトルとURLをコピーしました