シングルファザーの【住宅ローン】

失敗しないための債務整理とは?

今回は住宅ローン返済に悩んでいるシングルファザーの方たちへ債務整理の解説していきます

仕事と子育ての両立に悩んでいるシングルファザーは少なくありません

シングルファザーとなったことをきっかに、転職を考える(余儀なくされる)人も珍しくないようです

また、残業が出来なくなったなどの理由で収入が減ってしまうケースもあります


特に共働き夫婦が離婚したときには、世帯収入が大幅に減ってしまいます

そのため、それまでは問題なかった借金返済が急に苦しくなることもあります

ペアローン、収入合算で住宅ローンを組んだケースでは、離婚したことでローンが返せなくなるケースも珍しくありません

持ち家を抱えている場合、子供のいる場合には借金問題への対応が遅くなりがちです

「家を失いたくない」、「子供に迷惑かけたくない」という思いから、なんとか自力で解決しようと頑張り過ぎていまいがちだからです

シングルファザーの在宅ローン!こんなケースでも債務整理できる?

返すことが難しくなった借金は、債務整理で解決することができます

しかし、シングルファザーが抱える様々な事情との関係で、自分の場合だと債務整理できないかもと考えている人も多いかもしれません

債務整理にはよく知られている「自己破産」だけでなく、「任意整理」「個人再生」という方法があります

それぞれの状況に応じて適切な方法を選択すれば、解決できない借金問題はないと言えるでしょう

シングルファザーの在宅ローン!持ち家を手放したくないときの債務整理

最近では夫婦の収入合算やペアローンで住宅ローンを組む人が増えています

しかし、これらの場合では、離婚したことで住宅ローンが支払えなくなるケースも少なくありません

離婚によって世帯収入が減り、それまでよりも家計が苦しくなるからです

住宅ローンを抱えている人の債務整理としては、個人再生が特に有効です

個人再生は、借金の一部を分割で返済すれば、残額の支払いを免除してもらうことができます

また、個人再生に住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を適用すれば、返済が苦しくなった住宅ローンの負担も軽くすることができます


住宅ローン特則を利用すれば、マイホームの競売を回避しながら借金・ローン返済を行うことができるようになります



住宅ローン特則では次のような措置で返済負担をかなり軽くすることができます

●返済期間を最大10年間延長

返済回数が増える分だけ毎月の返済額を減らせる

●一定期間の元金据え置き措置

利息のみの支払いになるので毎月の負担が減る

●ボーナス払いなどの条件変更

債権者の同意があるとき

個人再生で住宅ローンを解決できないときは任意売却

次のようなケースでは、住宅ローン特則付き個人再生を利用しても、住宅ローンを解決できない場合があります

●残っている住宅ローン残高が今の収入に対してあまりにも高いとき
●アンダーローンの状態にあるため、個人再生を利用しても借金が減額できない場合

個人再生を使えない場合は、住宅ローンの返済ができなければマイホームを手放すほかありません

住宅ローン特則以外の方法では、抵当権者の権利を制限することはできないからです



住宅ローンが返せなくなったマイホームは、抵当権者の申し立てや、自己破産に伴う強制競売で処分されるのが原則です

しかし、強制競売は債務者にとって負担の大きい手続きです

特に、マイホームを競売にかけられることを近所に知られてしまうリスクには、強い抵抗を感じる人も多いかもしれません



任意売却は、ローンを返せなくなったマイホームを強制競売よりも有利な条件で処分するための方法です

例えば、任意売却は次の点で強制競売よりも有利な売却手段です

●強制競売よりも高い金額で売却できる
●強制競売のような公示が行われない
●引っ越し金額を売却金額から支出できる
●引き渡し期間についても柔軟に対応できる

シングルファザーの住宅ローン【まとめ】

シングルファザーは借金を抱えていなくても大変です

借金を返せなくなったことで、今後の生活の不安が増え、子供とのコミュニケーションにも影響が出てしまうかもしれません



穏やかな生活を取り戻すことは、子供のためにも大切なことです

借金返済に行き詰まったときには、出来るだけ早く弁護士・司法書士に債務整理の相談・依頼をすることをおすすめします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA