父子家庭で【ベビーシッター】を使うと?相場や時間は?

最近増えているひとり親家庭

一般的に母子家庭が多いのですが、少数派の父子家庭も少しずつですが増えてきています

特に父子家庭は情報が少なく、社会的にもまだまだ理解が得にくいため、仕事をしながらの家事、育児に悩む方も多いのではないでしょうか?

子供の預け先に悩んだとき、「ベビーシッター」という選択肢があることはご存知でしょうか?
近年ではベビーシッターは特別な存在ではなく、育児の相談相手のような気持ちで利用できるようになってきているようです

そこで今回は、ベビーシッターの基本内容を取り上げていこうと思います

父子家庭でベビーシッターを使いたい!ベビーシッターとは?

なかなか知る機会のないベビーシッターとは、どんな人がどんなことをしてくれるのか

また、どんな時に利用出来るかを紹介します

どんな人が来てくれる??

ベビーシッターは、子供と関わることが好きな方や、実際に子育てや保育経験のある方が仕事としていることが多いようです

中には、保育士や幼稚園経論、学校の先生や看護師など子供と関わる資格を持った方もいます

こうした国家資格を持つ方以外にも専門の勉強をして「認定ベビーシッター」の民間資格を取得して働く人もいるようです

どんなことをしてくれる?

ベビーシッターは主に、保護者が不在のときに自宅に来て子供の世話をしてくれます

ベビーシッターと聞くと、赤ちゃんの世話をするイメージがあるかもしれませんが、対象となる子供の年齢は幅広く、おおむね0〜12歳の子供となっています

最近ではベビーシッター会社によって、さまざまなサービスを提供しています

例えば子供のお世話の他に、家事代行サービス、保育園や学童、習い事への子供の送迎、病後児保育などの保護者の要望に合わせたサポートが多くあるようです

どんなときに利用できるの?

育児をしているなかで、子供を預けて用事を片付けたい、育児のサポートをしてもらいたいときはありませんか?そのようなときが、ベビーシッターの出番です

例えば、冠婚葬祭など子供を連れて行くのが難しい用事ができたときや、保育園や幼稚園のお迎えに間に合わないときの対応、産後のサポートなどさまざまな場面でベビーシッターにお願いができるようです

また、子育て中は子供が優先になり、自分の時間がうまくとれない場合もあるかもしれません

そのようなときもベビーシッターを利用することで、自分の時間を確保し、食事や買い物に行くことができるでしょう

利用者の中にも、「子育てについて悩みを抱え込むのではなく、ベビーシッターという頼れる存在を活用することで、気持ちが軽くなった」との声もあるようです

仕事や家事、子育ての両立に悩んだとき、ベビーシッターに相談してみるのも一つの利用方法なのかもしれません

ベビーシッター事情

ここでは、実際にベビーシッターを利用する際、どのような会社があり、料金の相場はどのくらいなのか紹介していきます

ベビーシッターを利用するときには、主にベビーシッター派遣会社に依頼する方法と、マッチングサービスを利用する方法の2つがあります

ベビーシッターの派遣会社を利用する場合、依頼に応じてベビーシッター会社が調整し、対応できるベビーシッターが派遣されます

派遣会社のサービスを利用する場合、基本料金とは別に、入会費や年会費が発生するときもあります

マッチングサービスを利用するときは、利用者が専用アプリの紹介ページを参考にしながら自分でベビーシッターを選ぶことができます

マッチングサービスの料金体系については、ベビーシッター自身が能力や資格に応じて、自ら設定している場合が多いようです

利用する場合には事前登録が必要ですが、入会費は年会費が無料なところもあるようです

料金の相場

基本料金の相場は1時間1000〜4000円ほどを設定しているベビーシッター会社が多いようです

料金するベビーシッター会社によって会員費や年会費が必要なところもあります

また、基本料金の他に、ベビーシッターの交通費や兄弟で預けたり、早朝や深夜に預けるなど特別な対応を依頼するときに、オプション料金がかかる場合もあるようです

料金や気になることがあったときは、依頼するベビーシッター会社の問い合わせ窓口で、事前に確認しておくと安心して利用できるでしょう

父子家庭でベビーシッターを使うと?【まとめ】

今回の記事では、ベビーシッターの基本的な内容について紹介しました

利用するときには気をつけたいこともありますが、子供の預け先に悩んだときなど、便利に活用できそうです

育児のパートナーとして気軽に活用してみるのもよいのではないでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA