母乳と人工乳の【利点】や欠点は?それぞれの利点、欠点を学ぼう!

スポンサーリンク

母乳が出ない人は人工乳を赤ちゃんに飲ませる必要があります。

母乳と人工乳はそれぞれ欠点、利点があり、母乳は母乳育児、人工乳はミルク育児があります。母乳と人工乳で育てたことを体験談として紹介します。

 

スポンサーリンク

母乳を授乳させる利点、欠点は!?

「赤ちゃんの利点」

・お母さんと肌をくっつけるため安心感を得られる。

・母乳から生きた細胞である免疫細胞がもらえます。

・アレルギーから赤ちゃんを守ることができます。

・母乳をすうことであごの発達を促すことができます。

・乳幼児突然死症候群を予防できる

 

「ママの利点」

・子宮収縮を促して産後の回復が早くなります。

・赤ちゃんとの愛を育むことができる。

・ミルク代がかからない。

・マタニティブルーを軽くできる。

・乳がん、卵巣がん、子宮がんを予防できる

・産後ダイエットに効果がある。

・ミルクを作る手間がかからない

・沿い乳で体を起こさなくても授乳ができる。

 

「母乳育児の欠点」

・飲んでいる量がわからない。

・授乳間隔が短いため頻繁に授乳が必要。

・母乳が出ないと赤ちゃんの体重が増えない。

・他の人に長い時間預けることができない。

・乳房、乳頭トラブルがおきる。

・食事やおやつに気を使わなければいけない。

・ビタミンDが足りない。

・赤ちゃんが飲まないときは搾乳をする。

 

人工乳を飲ませる利点、欠点は!?

「人工乳利点」

1.飲んだ量がわかりやすい。

ミルクをあげる時は哺乳瓶を使うため赤ちゃんがどれくらい飲んだかわかります。ミルク缶に飲む量も表示されているためはじめて子育てに便利。

 

2.お母さん以外もミルクを飲ませられる。

ママが仕事に復帰しても体調が悪い時や気分転換したい時に、家族に預けてもミルクを飲ませることができる。ミルクはママだけではなくパパも積極的に育児に参加できます。

 

3.マグやコップに変えることができる。

ミルクの赤ちゃんは普段から哺乳瓶を使っているため、哺乳瓶を使ってミルク以外のものを飲ませるとスムーズにマグやコップでミルクを飲むことができます。

離乳食は嫌がることなく食べてくれるようになり、哺乳瓶を卒業することができます。

 

「人工乳欠点」

1.外出時の荷物が増える。

赤ちゃんと外出する時はオムツや着替えなど荷物が多くなります。母乳育児の赤ちゃんはママがいれば大丈夫ですが、ミルクを飲ませるときは哺乳瓶、湯冷まし、粉ミルクなどが必要なので持ち運びが大変です。

 

2.お金がかかる。

赤ちゃんは成長するとともにミルクを飲む量も増えるため、ミルクはひとつずつ買わないでまとめてミルクを購入することをおすすめします。

 

3.免疫が作りにくい。

赤ちゃんは自分で免疫をつくることができないため、母乳には赤ちゃんを病気から守ってくれる免疫があるがミルクは免疫がつきにくく赤ちゃんが病気にかかりやすいため注意が必要です。

 

母乳と人工乳の子育て体験談は!?

初めて子育てをしたときは母乳が出なかったため、二ヶ月くらいしてからミルクだけで育てました。ミルクだけで育てましたが健康に育っています。

ミルクは手間がかかりミルク代がかかりましたが、市からミルクチケットをもらったのでそんなにお金もかかりました。

 

二人目は6ヶ月くらいまで母乳で育てたので、赤ちゃんは病気にかかっても症状は軽くなりママの免疫で病気から守ることができました。

離乳食が始まってからフォローアップミルクをコッブで、飲ませるようになったため哺乳瓶を卒業することができました。

 

母乳と人工乳の利点や欠点は?【まとめ】

・母乳、人工乳の欠点、利点はありますが、あまり深く考えずに子育てをしましょう。

・母乳育児は毎回母乳を赤ちゃんに吸わせなくてはいけないため、ママは大変ですがたくさん母乳が出るように努力することが大切です。

・人工乳はミルクを作るのに手間がかかりますが、なれてしまえばそこまで大変だとは思いません。

母乳育児ができなくても人工乳で元気に子供を育てることができるので、心配する必要はありませんよ。

母乳育児に悩んでいても人工乳を使って楽しい子育てをしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました